バルサ、カンプ・ノウで4失点の敗戦

バルサ、カンプ・ノウで4失点の敗戦

CLのラウンド16で、バルセロナがホームのカンプ・ノウでパリ・サンジェルマンに1-4で敗れました。

ムバッペにハットトリックを許し、アウェーゴールを4つも献上するというダメージの大きい敗戦です。

ここ最近は調子を戻しつつある印象のあったバルサですが、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントで当たるレベルのチームに対してはシーズン始まって以降抱える問題がすべての面で出てしまったということでしょう。

【関連記事】