バルサ、ゴールドマン・サックスからの融資が決定

バルサ、ゴールドマン・サックスからの融資が決定
Advertisement

バルセロナがその財政難により、5億2500万ユーロ(約690億円)の融資をゴールドマン・サックスから受けることになりました。(融資の担保は未来に及ぶテレビ放映権料)

ソシオ総会でのクラブからの説明によると、現在総負債額が10億4100万ユーロまで膨れ上がっていることに加え、融資を受けなければ迫られている支払い(移籍金や人件費、個人所得税など)の資金が確保できないとのことです。

度々財政難が報じられた来たバルサですが、5億ユーロの融資を受けなければクラブの財政が維持できないところまで来ているのは深刻と言わざるを得ません。

バルサが金持ちの道楽でサッカークラブの運営を考えているような資産家に身売りすることは許されません。財政の健全化はスポーツ的な成功より今や重要かもしれません。

現在新戦力を移籍金フリーで獲得していますが、恐らく来季に向けてはそれしかできないでしょう。それ以上に人員の整理や選手の給与基準の是正も必要と思われます。メッシに残留してほしいというクラブの意向に変わりはないと思いますが、それ以外の選手については適正価格で売ることを今後推進していく可能性が高いと思われます。

ただ、そうした中でもバルサはサッカーをしていかなければなりません。今こそ投資を抑えつつも強くあるためのバルサを構築していく必要があるのではないでしょうか。

【関連記事】