レアル・マドリー、アンチェロッティの監督就任を発表

レアル・マドリー、アンチェロッティの監督就任を発表
Advertisement

スペインのレアル・マドリードが、新監督にアンチェロッティを迎えることを発表しました。

先日退任したジダン監督の後任となります。

アンチェロッティはエヴァ―トンの監督をしていましたが、クラブとは契約解除で合意し、今回の就任となったようです。

また、アンチェロッティはマドリーでは過去2013-2014シーズンから2季にわたり監督としてチームを率いていましたので、約6年ぶりの再びの就任となります。

アンチェロッティは、戦術家タイプではありませんが、融和によりチーム内のエゴを管理し、選手の能力を最大化することに長けているタイプの監督です。そういう意味ではジダンに似たタイプの監督とも言えます。ぺレスはこの路線を継続させたということでしょう。

また、レアル・マドリーには現在久保建英が所属していることから、監督人事は彼の進路にも影響を与えます。今後アンチェロッティがどのようなチームビルドをしていくのか要注目です。

【関連記事】