マラドーナ氏への処置は不適切との報告

マラドーナ氏への処置は不適切との報告
Advertisement

アルゼンチンの医療委員会が昨年11月に死去したマラドーナ氏への処置は不適切だったとの報告書をまとめたとの報が世界中に届きました。

死者は戻ってきませんが、治療に関する刑事捜査も行われおり、死亡時の真相が明らかにされるかもしれません。

【関連記事】