モウリーニョ、ローマの監督に就任

モウリーニョ、ローマの監督に就任
Advertisement

イタリアセリエAのローマの監督に先日トットナムの監督を解任されたモウリーニョが就任することが決定しました。来季からの3年契約とのことです。

ローマは近年、ユヴェントスやインテルといったセリエのトップグループから脱落しており、タイトルを争えていない現状です。

クラブの目的は、その現状を脱却するとともに、話題を集めクラブのブランドを再度向上させることにあると思われます。

一方、モウリーニョにとっては、近年欧州のトップコンペティションでのタイトルから縁がなくなっている状況から脱却するラストチャンスと言えるかもしれません。

ローマと言えば、日本人には中田英寿が所属していた時代の印象が強いと思います。実はそのシーズンを最後にリーグタイトルから離れている現状です(今も語り草となっている中田がトッティとの交代で入ったユヴェントス戦でミドルシュートを決めたシーズン)。

モウリーニョがどういうチームビルドをするか要注目です。

【関連記事】