久保建英マッチレポート オサスナVSヘタフェ(2020-2021ラ・リーガ第29節)

久保建英マッチレポート オサスナVSヘタフェ(2020-2021ラ・リーガ第29節)

【関連記事】

Advertisement

試合結果

0-0 引き分け

試合トピックス

24分 ヘタフェ、アランバーリがミドルシュート。キーパーがセーブ

80分 久保IN、ティモールOUT

89分 オサスナ、ブディミルがペナルティエリア内で左足シュート。キーパーがセーブ

Advertisement

久保・ヘタフェ詳報

ヘタフェにとっては、”いつも通り”の試合展開となった。

互いにシュートチャンスは少なく、我慢の続く試合展開ということだ。つまり、ヘタフェのペースである。

相手に勝ち点3を与えるという最悪の事態を避けることを重視していたようにも見える。

実際に結果もその通りとなっている。

残り試合数と対戦相手、順位を考え勝ち点数の計算に入っているのかもしれない。

さて、久保であるが、80分からのトップ下での出場となった。

強度が要求されるヘタフェにおいてコンディションを考慮されたことによる出場時間だったと思われるが、ボールに触ることなく終わったのは残念であった。これはオサスナが押し込む展開になったことによるものだが、直近のU24アルゼンチンとの2試合では試合に対する高い影響力を発揮し、良いフィーリングが続いていたと思われるだけに余計残念であった。

だが、まだバルサやマドリーとの試合、降格を直接争う下位チームとの試合などヘタフェにとって大事な試合は多く残っている。

久保の輝きに期待したい。

【関連記事】