久保建英マッチレポート ヘタフェVSエイバル(2020-2021ラ・リーガ第35節)

久保建英マッチレポート ヘタフェVSエイバル(2020-2021ラ・リーガ第35節)

【関連記事】

Advertisement

試合結果

0-1 エイバル勝利

試合トピックス

60分 エイバル、右サイドのクロスからキケがヘディングシュート。キーパーがセーブ

61分 ヘタフェ、ティモールがロングシュート。キーパーがセーブ

88分 エイバルGOAL>>ヘタフェのハンドで獲得したPKをレシオがゴール

Advertisement

久保・ヘタフェ詳報

お互いに調子を上げている中での降格争いという状況下における対戦となったが、結果はエイバルの勝利となった。

試合展開はヘタフェにとってはいつも通りであったが、エイバルの守備も集中していたため、ゴールにほとんど迫れなかった。

そして88分にその代償を払うことになってしまった。

ヘタフェにとっては非常にダメージの大きい失点となった。ゴールを奪われた時間帯もそうだが、FWを1枚削ってDFを1枚増やした後での失点となったからだ。

引き分けで良しとする采配がすべて裏目に出てしまった。

あらゆる意味で非常に悔やまれる敗戦だ。

シーズンの残り3試合、再度チーム全体でアクセルを踏む必要があるだろう。

さて、久保だが、引き分けで良しとする守備的采配だったこともあり、残念ながら出番はなかった。

久保個人の自信とリズムの喪失に加え、チームが守備におけるインテンシティとリズムを取り戻し従来(久保加入前)の戦い方でうまくいくようになったことから序列が下がっているという状況だろう。

ただ、この敗戦により、ヘタフェは降格争いという意味で再度尻に火が付くかたちとなってしまったため、残りの3試合では守るより攻めるというスタンスを取らざるを得ない時間帯が多く出てくるはずだ。

その場面では久保の出番が必ずある。

奮起を期待したい。

【関連記事】