久保建英マッチレポート 日本代表VSミャンマー代表(2022W杯アジア2次予選)

久保建英マッチレポート 日本代表VSミャンマー代表(2022W杯アジア2次予選)

【関連記事】

Advertisement

試合結果

10-0 日本勝利

試合トピックス

8分 日本GOAL>>ペナルティエリア内で鎌田とのパス交換から抜け出した南野がゴール

22分 日本GOAL>>長友の左サイドのクロスから大迫がヘディングを合わせゴール

30分 日本GOAL>>大迫がPKを決める

36分 日本GOAL>>長友のヘディングでこぼれてきたボールを大迫が押し込む

49分 日本GOAL>>南野のシュートからのこぼれ球を大迫が押し込む

56分 日本GOAL>>右サイドのグラウンダーのクロスに走り込んできた守田が合わせゴール

66分 日本GOAL>>敵陣深くで相手から奪ったボールを南野がシュートに持ち込みゴール

84分 日本GOAL>>室屋のグラウンダーのクロスに鎌田があわせゴール

88分 日本GOAL>>南野のクロスを大迫がヘディングで合わせゴール

91分 日本GOAL>>南野のフリーキックから板倉がヘディングをあわせゴール

Advertisement

久保・日本代表詳報

2次予選突破が決定した。

まずは突破という結果を出したチームを称えたいと思う。

ただ、その事実以外には特段見るべき、語るべき事柄はなかった。

戦術も交代カードの切り方も目新しいものはなく挑戦的なものもなかった。残念だが監督の個性や能力を考えれば今更だろう。

最終予選は2次予選より苦労し、場合によっては突破が危ぶまれる状況に陥ることもあるだろう。そのときにこそ真価が問われる。引き続き、選手・チームスタッフ全員に継続的な努力を期待したい。

さて、久保だが、この試合では出番がなかった。

10代での代表初ゴールを期待していただけに残念という気持ちもあるが、こうした試合に出すこともないだろう。出ていたとしてもゴール以外に必要に迫られるプレーはなかったからだ。

次はU24代表(東京五輪代表)での活動に移行する。期待したい。

なお、最後に触れておきたいことがある。

それはミャンマーについてだ。

この試合は2次予選突破以外には日本にとっては語るべきことのないゲームだが、ミャンマーにとっては違う。

政情不安の中、メンバーは全員揃わず、揃った選手・スタッフも全員が身体的・精神的コンディションを整えるのに相当苦労したはずである。

そうした中でも日本と公式戦を戦えることに意義を見出し、選手たちは、スコアが開き続けたにも関わらず、ピッチの中で90分全力を尽くし、フェアにプレーしていた。

サッカー、いやスポーツの偉大さを教えられた気分だ。

彼らに大きな尊敬と感謝の気持ちを送りたい。

【関連記事】