久保建英マッチレポート ラージョ・バジェカーノVSマジョルカ(2021-2022国王杯準々決勝)

久保建英マッチレポート ラージョ・バジェカーノVSマジョルカ(2021-2022国王杯準々決勝)

【関連記事】

Advertisement

試合結果

1-0 ラージョ勝利

Advertisement

試合トピックス

44分 ラージョGOAL>>トレホがPKでゴール

77分 久保IN、イ・ガンインOUT

Advertisement

久保・マジョルカ詳報

トーナメントらしい緊張感のある入りからのスタートとなったが、44分にホームのラージョがPKで先制ゴールを決めると、ラージョが攻勢を強めマジョルカが守勢を強める展開となった。

両チームとも久しぶりにここまでトーナメントを勝ち上がってきたことから、ゴール前での見せ場は多くなかったもののテンションが高く意欲的な展開となった。

しかし最後はラージョが押し切ったかたちだ。

マジョルカは攻撃においても守備においてもラージョの圧力に徐々に後退するシーンが増えていった。リーグ戦でもチームとして調子を落としていただけに勝ちに恵まれない循環が続いてしまった格好だ。

マジョルカとしてはここまで見ることのできた夢が終わってしまって残念というほかないだろう。

さて、久保だが、この試合の直前に日本からのフライトで帰国したのにも関わらずベンチに入り約15分間出場することとなった。

さすがにフィットネスは十分でなく、チーム自体も相手の圧力に屈していたため何もできなかった。

いわゆるスクランブル発進とも言えるが、マジョルカとしては現有戦力の中でも頼りになる久保にトーナメント勝ち進みのための一縷の望みを託すのは理解できることだ。

久保の出場については久保も監督も何も責められることはないだろう。

あとは、久保自身のコンディションが次のリーグ戦に尾を引かないことを願うばかりである。