久保建英マッチプレビュー バルセロナVSビジャレアル(2020-2021ラ・リーガ第3節)見どころ&注目ポイント

久保建英マッチプレビュー バルセロナVSビジャレアル(2020-2021ラ・リーガ第3節)見どころ&注目ポイント

いよいよ開始日時も2020年9月28日(月)4時~と決定した今シーズン最初の久保のバルサ戦。

【関連記事】

昨シーズンはコロナ前にマジョルカの選手として挑んだ久保がカンプノウのファンからボールを持つたび大きなブーイングを浴びたことは記憶に新しいだろう。またこれは日本サッカーにとってエポックメイキングな出来事でもあった。

その久保が今季ビジャレアルに戦いの場を移して、再びカンプノウのバルサに挑む。楽しみで仕方ないという人も多いだろう。そんな方々に見どころや注目ポイントを紹介する。

Advertisement

久保のゴール・アシスト

ずばり、結果を残すと確信している。翌日の記事には”因縁の相手に今季初ゴール”という文字が躍るだろう。ここまで途中出場が続いている久保だが、この試合後は早くもチームの主役の一人になるはずだ。

理由はいくつかあるが、まずはカンプノウのピッチと久保のプレー特性の相性はがいいことだ。カンプノウのピッチは他の会場より広めに設計されていることは有名な話だが、久保の空間把握能力とその空間を自在に使うことのできる能力はバルサの選手と同じで他チームの選手より広いピッチを自身にとってのメリットとすることができる。

昨年のゲームでもカンプノウでのプレーは初めてであったにも関わらずバルサの選手と同レベルで有益に使いこなしていた。カンプノウでの他チームの選手や新規加入選手を見ているとレベルに関係なく慣れるのに時間がかかることがわかるが、久保は最初の試合で既に使いこなしていた。(彼がバルサ向きの特性を有する選手であることの証でもある。)

そして今回、久保はカンプノウ2戦目となる。1試合経験してイメージトレーニングも十分できているはずで、ますます使いこなすだろう。ファンタジーあふれるマジカルなプレーを期待できる。

さらに、チームメイトのレベルだ。昨季のマジョルカはお世辞にもカンプノウでクオリティを見せられるレベルのチームではなかった。

だが今季のビジャレアルは違う。昨季はリーグ5位で今季はCL圏内の4位以内を目指すクオリティを持つチームだ。バルサ相手と言えども臆さず勝ち点を奪うために積極的なプレーを志向するはずだ。そうなると広いピッチでの久保の能力は周りのサポートも得てますます輝くことが期待できる。

久保の出場時間

監督やチームメイトの久保を見る目はマジョルカのそれよりはるかに確かだ。カンプノウで違いを見せる術を持っている久保をこれまでより長時間使うのは間違いない。

久保の起用方針でバルサ戦へのビジャレアルのスタンスがわかるのも間違いない。スタメンならバルサ相手でも勝ち点3を奪いにいく意思表示であるだろうし、途中出場でもその時間の長さがビジャレアルのバルサへの今季の挑み方のスタンスということにもなるだろう。繰り返すが4位以上を狙うチームだ。意欲的な意思表示をする可能性は高い。

久保個人も前節エイバル戦で短時間とはいえクオリティを見せて好印象だ。筆者がエメリならモイ・ゴメスを外してパコ・アルカセル、モレノ、チュクエゼ、久保の攻撃ユニットをスターティングメンバーにして試合に臨む。モレノ・チュクエゼ・久保のポジション流動でゲーム開始から今節が開幕となる調整不十分のバルサ守備陣を混乱に陥れたい。

【関連記事】

久保-パコ・アルカセルのホットライン形成に期待

久保のチームメイトの中で唯一バルサのトップ選手としてカンプノウでのプレーを経験している選手はFWのパコ・アルカセルだ。ここまで久保とは入れ替わりでの交代が多くコンビネーションを見る機会はないが、このバルサ戦ではぜひ見たいものだ。

広いカンプノウのピッチはバルサだけでなく相手チームにもスペースをくれる。久保のシャープなスルーパスからラインブレイクをしたパコが決めるシーンは想像に難くない。結果が出ればこの試合をきっかけにシーズン通して二人のコンビネーションがチームの攻撃の軸の一つになる可能性が高い。

久保とバルサ守備陣のマッチアップ

久保のポジションは試合を通して流動的なため、一人と長時間マッチアップという図式にはならない可能性が高いが、右ならバルサのジョルディ・アルバ、トップ下なら、デ・ヨング、左ならセメドあるいはセルジ・ロベルトと相まみえる可能性が高い。

マジョルカでの2試合ではアルバにもセルジ・ロベルトにも一対一で印象的な勝利経験がある。相手もよりインテンシティを高めてくるだろうが、久保のドリブルや身のこなしは誰にも真似できないものだ。一対一に勝利しビジャレアルの攻撃面において影響力の高さを発揮できるはずだ。

なお、セルジ・ロベルトはカンテラ出身で久保といわば同郷だ。昨季の初対戦のときもかなり意識していたことがうかがえた。この試合もマッチアップすればかなり気持ちを入れてくるはずだ。そしてデ・ヨングは久保にユニフォーム交換を申し出たことでも知られる。

バルサの選手がラ・マシア時代ファティと並ぶ有望株であった久保がレアル・マドリーに渡ったことに対して何かしらの感情を持っていることは間違いなく、この試合でもドラマが垣間見えるだろう。

久保とファティ、ライバル同士の再会

バルサのラ・マシア、カンテラ時代に二人が同期だったのはよく知られている話だ。二人で年間130ゴールを決めた逸話もある。そんな二人が昨季からラ・リーガデビューを果たし、結果を出しながらインパクトを残し続け、同じように成長曲線を描き続けている。その二人がようやくピッチ内で再会できる可能性が高まっている。

友情関係ももちろんあるだろうが、ラ・リーガいや世界の若手有望株同士としてライバル意識は互いに非常に高いだろう。切磋琢磨したプレーを互いに見せあうはずだ。二人の比較は今季のラ・リーガの注目ポイントの一つでもある。試合結果の紙面の対象にもなるだろう。

この二人はこれから世界の頂点を目指すうえでずっとライバル関係になる可能性が高い。直接対決で久保がファティを上回る結果となることを期待する。

【関連記事】

久保とリキ・プッチの再会は実現するか

昨季終盤はトップチームにコンスタントに出場していたリキ・プッチだが、クーマン新監督からは出場時間を多く提供できないと現時点ではっきり言われているという報道もある。ベンチ登録されるかも微妙だが、プッチもマシア出身の有望株の21歳。久保とはよく知る仲だろう。プッチが出場すればマッチアップの可能性もある。ここでもちょっとしたドラマを期待したい。

久保とメッシの邂逅

そのプロフィールやプレーの類似性から何かと比較対象となることの多い二人。この試合でもそれぞれがどういうプレーをカンプノウで見せるのかに興味が及ぶのはファン心理としては当然だろう。昨季の反応から見てもメッシは久保をラ・マシア出身の同郷的な存在、プレースタイルの少し似ている存在として認識していることは間違いない。

メッシサイドはここまで移籍騒動など落ち着かないことばかりだが、久保のひたむきなプレーがメッシを純粋にサッカーを楽しむ気持ちにさせ、メッシの素晴らしいプレーを引き出すことを願う。そしてそれにインスピレーションを受け久保の素晴らしいプレーを見られることを切に願う。

【関連記事】

バルサの戦術、コンディション

バルサにとってはラ・リーガ開幕戦であるとともにクーマン新体制でのオープニングゲームである。どのような戦術・フォーメーション・配置で臨むのか。昨季までの延長上での戦術にするのか、ガラッと変えるのか、オランダ色のスタイルを強く打ち出すのか。

また、選手側はバイエルン戦の大敗からのクラブ内のゴタゴタでどういうメンタルコンディションになっているのか。メッシ以外にも長年の中軸選手であるピケ、ブスケッツ、ジョルディ・アルバなどのプレー以外の雰囲気も注視の対象だ。さらに、新加入選手や復帰した選手の状態はどうなのか。起用するのか。

ピアニッチ、コウチーニョ、デンベレは注目だ。それ以外にも未だバルサにフィットしているとは言いづらいグリーズマンも注目だ。彼らのプラスの状況と中軸選手のマイナスの状況がシーズンにどう影響するのか少し見えてくる可能性がある。

加えて、試合後にバルサのファンやサポーターはこれらに対しどういう反応を示すのか。コロナの影響で無観客試合のため試合中のリアルな反応を確かめられないのは残念だが(久保へのブーイングも含め)、クラブ首脳陣へのリアクションも含めファンやサポーターの反応は今季のバルサの雰囲気を大きく左右することになるだろう。要注目だ。

【関連記事】