シンデレラ5thライブのセトリや見どころなど(アイマス歴史紹介㊳)

シンデレラ5thライブのセトリや見どころなど(アイマス歴史紹介㊳)

【関連記事】

Advertisement

概要

タイトル

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!

公演日・会場

2017年5月12日・13日 宮城公演(セキスイハイムスーパーアリーナ)

2017年5月27日・28日 石川公演(石川県産業展示館)

2017年6月9日・10日 大阪公演(大阪城ホール)

2017年6月24日・25日 静岡公演(エコパアリーナ)

2017年7月8日・9日 幕張公演(幕張メッセイベントホール)

2017年7月29日・30日 福岡公演(西日本総合展示場)

2017年8月12日・13日 さいたまスーパーアリーナ公演(さいたまスーパーアリーナ)

出演者

[宮城公演]五十嵐裕美、上坂すみれ、桜咲千依、大空直美、金子真由美、佐藤亜美菜、鈴木絵理、伊達朱里紗、千菅春香、東山奈央、のぐちゆり、松嵜麗、三宅麻理恵、杜野まこ、朝井彩加

[石川公演]青木瑠璃子、飯田友子、大坪由佳、金子有希、洲崎綾、髙野麻美、高橋花林、種﨑敦美、津田美波、長島光那、花守ゆみり、原優子、春瀬なつみ、牧野由依、安野希世乃

[大阪公演]大橋彩香、今井麻夏、内田真礼、桜咲千依、大空直美、鈴木絵理、立花理香、千菅春香、都丸ちよ、新田ひより、松嵜麗、松田颯水、佳村はるか、ルゥティン、和氣あず未

[静岡公演]藍原ことみ、青木志貴、青木瑠璃子、安野希世乃、嘉山未紗、黒沢ともよ、髙野麻美、高森奈津美、津田美波、長島光那、原優子、春瀬なつみ、牧野由依、村中知、中島由貴

[幕張公演]福原綾香、原紗友里、五十嵐裕美、今井麻夏、金子真由美、佐藤亜美菜、立花理香、原田彩楓、藤田茜、三宅麻理恵、杜野まこ、山下七海、佳村はるか、ルゥティン、和氣あず未

[福岡公演]藍原ことみ、青木志貴、飯田友子、大坪由佳、金子有希、木村珠莉、下地紫野、高田憂希、高森奈津美、種﨑敦美、春野ななみ、渕上舞、松井恵理子、村中知、山本希望

[SSA公演(1日目)]五十嵐裕美、上坂すみれ、桜咲千依、大坪由佳、嘉山未紗、木村珠莉、黒沢ともよ、佐藤亜美菜、下地紫野、洲崎綾、高田憂希、高橋花林、高森奈津美、田澤茉純、立花理香、都丸ちよ、中島由貴、新田ひより、のぐちゆり、花守ゆみり、原田彩楓、原田ひとみ、春瀬なつみ、藤田茜、牧野由依、松井恵理子、松嵜麗、三宅麻理恵、杜野まこ、和氣あず未

[SSA公演(2日目)]大橋彩香、福原綾香、原紗友里、藍原ことみ、青木志貴、青木瑠璃子、赤﨑千夏、朝井彩加、飯田友子、今井麻夏、大空直美、金子真由美、金子有希、鈴木絵理、髙野麻美、竹達彩奈、伊達朱里紗、種﨑敦美、津田美波、千菅春香、照井春佳、東山奈央、長島光那、原優子、春野ななみ、松田颯水、村中知、安野希世乃、山本希望、佳村はるか、ルゥティン

Advertisement

ライブレポート

セットリスト

デレステ発の新曲(実装曲)とこのときまでにCDがリリースされていた各アイドルのソロ曲(新曲)を中心とした構成となっている。

また、全員曲、属性全員曲については各公演で基本違い、全公演でここまでリリースされていたものがほぼすべて聞ける構成となっている。

ちなみに、SSA公演を除き、各公演とも両日全く同じ構成。演者も曲名もすべて同じ(順番は一部違う公演あり)でサプライズゲストなどの演出もなかった。


■宮城公演

M01 Shine!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 にょわにょわーるど☆ / 松嵜麗
M03 cherry*merry*cherry / 大空直美
M04 スローライフ・ファンタジー / 五十嵐裕美
M05 Flip Flop / 鈴木絵理、のぐちゆり、松嵜麗
M06 Angel Breeze / 東山奈央
M07 たくさん! / 上坂すみれ
M08 ミラクルテレパシー / 杜野まこ、鈴木絵理、金子真由美
M09 Nocturne / 東山奈央、上坂すみれ、千菅春香
M10 Orange Sapphire / 伊達朱里紗、松嵜麗、鈴木絵理、のぐちゆり、杜野まこ
M11 Nation Blue / 桜咲千依、上坂すみれ、佐藤亜美菜、千菅春香、東山奈央
M12 キラッ!満開スマイル / 五十嵐裕美、金子真由美、大空直美、三宅麻理恵、朝井彩加
M13 BEYOND THE STARLIGHT / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M14 One Life / 千菅春香
M15 気持ちいいよね 一等賞! / 杜野まこ(with 鈴木絵理(1日目)、桜咲千依(2日目))
M16 メルヘン∞メタモルフォーゼ! / 三宅麻理恵
M17 ∀NSWER / 佐藤亜美菜、朝井彩加、桜咲千依
M18 あんきら!?狂騒曲 / 五十嵐裕美、松嵜麗
M19 純情Midnight伝説 / 金子真由美、三宅麻理恵、千菅春香、伊達朱里紗、のぐちゆり
M20 Lunatic Show / 朝井彩加、桜咲千依、杜野まこ、佐藤亜美菜
M21 サマカニ!! / 大空直美、伊達朱里紗、東山奈央、鈴木絵理、のぐちゆり
M22 夢色ハーモニー / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M23 EVERMORE / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M24 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■石川公演

M01 Yes! Party Time!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 エヴリデイドリーム / 牧野由依
M03 恋のHamburg♪ / 種崎敦美
M04 青空リレーション / 金子有希
M05 私色ギフト / 高野麻美、高橋花林、花守ゆみり、春瀬なつみ
M06 おかしな国のおかし屋さん / 大坪由佳(with 飯田友子(1日目)、安野希世乃(2日目))
M07 空と風と恋のワルツ / 津田美波
M08 ヴィーナスシンドローム / 洲崎綾
M09 あいくるしい / 飯田友子、大坪由佳、牧野由依                                                       M10 オルゴールの小箱 / 青木瑠璃子、飯田友子、洲崎綾、高橋花林、長島光那 ※1日目はM11
M11 絶対特権主張しますっ! / 金子有希、花守ゆみり、原優子、春瀬なつみ、安野希世乃 ※1日目はM10                                           M12 キラッ!満開スマイル / 大坪由佳、高野麻美、種崎敦美、津田美波、牧野由依
M13 Star!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M14 Sparkling Girl / 青木瑠璃子
M15 Rockin’ Emotion / 原優子、安野希世乃
M16 Hotel Moonside / 飯田友子
M17 Jet to the Future / 青木瑠璃子、安野希世乃
M18 Love∞Destiny / 青木瑠璃子、金子有希、津田美波、花守ゆみり、牧野由依
M19 Nocturne / 飯田友子、洲崎綾、長島光那
M20 Sweet Witches’ Night ~6人目はだぁれ~ / 大坪由佳、高野麻美、高橋花林、種崎敦美、花守ゆみり
M21 生存本能ヴァルキュリア / 金子有希、洲崎綾、長島光那、原優子、春瀬なつみ
M22 夕映えプレゼント / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M23 M@GIC☆ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M24 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■大阪公演

M01 Shine!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 はにかみdays / 大橋彩香
M03 にょわにょわーるど☆ / 松嵜麗
M04 cherry*merry*cherry / 大空直美
M05 Flip Flop / 今井麻夏、新田ひより、松嵜麗
M06 モーレツ★世直しギルティ! / 鈴木絵理、和氣あず未                                               M07 キミのそばでずっと / 内田真礼、大橋彩香、佳村はるか ※1日目はM10
M08 桜の頃 / 立花理香、新田ひより、ルゥ・ティン ※1日目はM11
M09 青の一番星 / ルゥ・ティン ※1日目はM09
M10 薄紅 / 立花理香 ※1日目はM08
M11 NUDIE★ / 佳村はるか ※1日目はM07                                                     M12 エチュードは1曲だけ / 今井麻夏、内田真礼、桜咲千依、千菅春香、ルゥ・ティン
M13 アタシポンコツアンドロイド / 大空直美、大橋彩香、立花理香、都丸ちよ、新田ひより
M14 Orange Sapphire / 鈴木絵理、松嵜麗、松田颯水、佳村はるか、和氣あず未
M15 BEYOND THE STARLIGHT / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M16 華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~ / 内田真礼(with 桜咲千依)
M17 Bloody Festa / 桜咲千依
M18 PANDEMIC ALONE / 松田颯水
M19 Lunatic Show / 桜咲千依、立花理香、千菅春香、松田颯水
M20 Wonder goes on!! / 千菅春香、都丸ちよ、ルゥ・ティン、和氣あず未
M21 サマカニ!! / 今井麻夏、大空直美、鈴木絵理、都丸ちよ、佳村はるか
M22 夢色ハーモニー / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M23 EVERMORE / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M24 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■静岡公演

M01 Yes! Party Time!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 Romantic Now / 黒沢ともよ、春瀬なつみ
M03 き・ま・ぐ・れ☆Café au lait! / 高野麻美
M04 ニャンと☆スペクタクル / 高森奈津美
M05 空と風と恋のワルツ / 津田美波
M06 Heart Voice / 藍原ことみ、高野麻美、長島光那、牧野由依
M07 追い風Running / 中島由貴
M08 秘密のトワレ / 藍原ことみ
M09 心もよう / 嘉山未紗、中島由貴、村中知
M10 shabon song / 黒沢ともよ、津田美波、長島光那
M11 Jet to the Future / 青木瑠璃子、安野希世乃
M12 エチュードは1曲だけ / 青木志貴、青木瑠璃子、嘉山未紗、長島光那、村中知
M13 パステルピンクな恋 / 藍原ことみ、高野麻美、高森奈津美、津田美波、中島由貴、牧野由依
M14 絶対特権主張しますっ! / 黒沢ともよ、安野希世乃、原優子、春瀬なつみ
M15 Star!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M16 Love∞Destiny / 青木志貴、青木瑠璃子、津田美波、中島由貴、牧野由依
M17 共鳴世界の存在論 / 青木志貴
M18 Sparkling Girl / 青木瑠璃子
M19 Rockin’ Emotion / 安野希世乃、原優子
M20 ハイファイ☆デイズ / 黒沢ともよ、高森奈津美、春瀬なつみ
M21 純情Midnight伝説 / 青木志貴、嘉山未紗、原優子、村中知、安野希世乃
M22 夕映えプレゼント / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M23 M@GIC☆ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M24 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■幕張公演

M01 Shine!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 Radio Happy / 山下七海
M03 ステップ! / 原紗友里
M04 スローライフ・ファンタジー / 五十嵐裕美
M05 あいくるしい / 金子真由美、立花理香、藤田茜
M06 NUDIE★ / 佳村はるか
M07 薄紅 / 立花理香
M08 in fact / 佐藤亜美菜
M09 この空の下 / 五十嵐裕美、佐藤亜美菜、ルゥ・ティン
M10 AnemoneStar / 福原綾香
M11 命燃やして恋せよ乙女 / 原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未
M12 アタシポンコツアンドロイド / 五十嵐裕美、金子真由美、立花理香、藤田茜、三宅麻理恵
M13 Nation Blue / 福原綾香、今井麻夏、佐藤亜美菜、原田彩楓、ルゥ・ティン
M14 SUN♡FLOWER / 原紗友里、杜野まこ、山下七海、佳村はるか、和氣あず未
M15 BEYOND THE STARLIGHT / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M16 Snow Wings / 福原綾香、原紗友里、今井麻夏、金子真由美、山下七海、佳村はるか
M17 Can’t Stop!! / 和氣あず未(with 立花理香、山下七海)
M18 メルヘン∞メタモルフォーゼ! / 三宅麻理恵
M19 With Love / 福原綾香、藤田茜、杜野まこ、ルゥ・ティン、和氣あず未
M20 Take me☆Take you / 原紗友里、原田彩楓、三宅麻理恵
M21 Tulip / 今井麻夏、立花理香、杜野まこ、佳村はるか、ルゥ・ティン
M22 夢色ハーモニー / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M23 EVERMORE / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M24 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■福岡公演

M01 Yes! Party Time!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 SUPERLOVE☆ / 山本希望
M03 ニャンと☆スペクタクル / 高森奈津美
M04 恋色エナジー / 下地紫野
M05 lilac time / 木村珠莉
M06 Nothing but You / 青木志貴、飯田友子、下地紫野、高森奈津美、松井恵理子
M07 この空の下 / 藍原ことみ、春野ななみ、村中知
M08 桜の頃 / 金子有希、高田憂希、種崎敦美
M09 祈りの花 / 高田憂希
M10 青空リレーション / 金子有希
M11 おかしな国のおかし屋さん / 大坪由佳(with 青木志貴(1日目)、春野ななみ(2日目))
M12 オルゴールの小箱 / 青木志貴、飯田友子、渕上舞、松井恵理子、村中知
M13 パステルピンクな恋 / 藍原ことみ、大坪由佳、下地紫野、高森奈津美、種崎敦美
M14 SUN♡FLOWER / 金子有希、木村珠莉、高田憂希、春野ななみ、山本希望
M15 Star!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M16 Take me☆Take you / 高田憂希、高森奈津美、種崎敦美
M17 Frozen Tears / 渕上舞
M18 Memories / 渕上舞、松井恵理子
M19 Neo Beautiful Pain / 松井恵理子
M20 生存本能ヴァルキュリア / 青木志貴、金子有希、木村珠莉、春野ななみ、村中知
M21 Tulip / 藍原ことみ、飯田友子、大坪由佳、種崎敦美、山本希望
M22 夕映えプレゼント / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M23 M@GIC☆ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M24 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■SSA(1日目)

M01 Yes! Party Time!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 アップルパイ・プリンセス / 原田ひとみ
M03 追い風Running / 中島由貴
M04 にょわにょわーるど☆ / 松嵜麗
M05 たくさん! / 上坂すみれ
M06 Flip Flop / 嘉山未紗、新田ひより、のぐちゆり
M07 Kawaii make MY day! / 下地紫野、都丸ちよ、藤田茜
M08 スローライフ・ファンタジー / 五十嵐裕美
M09 桜の頃 / 嘉山未紗、高田憂希、田澤茉純、立花理香、新田ひより
M10 Sweet Witches’ Night ~6人目はだぁれ~ / 大坪由佳、高橋花林、都丸ちよ、のぐちゆり、原田ひとみ
M11 We’re the friends! / 桜咲千依、木村珠莉、黒沢ともよ、洲崎綾、高森奈津美、中島由貴、春瀬なつみ、牧野由依、松井恵理子、和氣あず未
M12 キミのそばでずっと / 高田憂希、高橋花林、原田彩楓
M13 薄紅 / 立花理香
M14 祈りの花 / 高田憂希
M15 命燃やして恋せよ乙女 / 花守ゆみり、原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未
M16 輝く世界の魔法 / 五十嵐裕美、上坂すみれ、大坪由佳、嘉山未紗、佐藤亜美菜、田澤茉純、立花理香、藤田茜、松嵜麗、杜野まこ
M17 Bloody Festa / 桜咲千依
M18 Neo Beautiful Pain / 松井恵理子
M19 マイ・スイート・ハネムーン / 牧野由依
M20 With Love / 中島由貴、藤田茜、松嵜麗、杜野まこ
M21 Near to You / 下地紫野、高田憂希、高橋花林、都丸ちよ、新田ひより、のぐちゆり、花守ゆみり、原田彩楓、原田ひとみ、三宅麻理恵
M22 銀のイルカと熱い風 / 佐藤亜美菜、洲崎綾、立花理香、春瀬なつみ、牧野由依、和氣あず未
M23 Serendipity Medley!!!(①お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix- / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
→②メロウ・イエローによる『Happy×2 Days』 / 下地紫野、都丸ちよ、藤田茜→③大人達が歌う『LET’S GO HAPPY!!』 /  花守ゆみり、原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未→④ドーナツによる『ショコラ・ティアラ』 / 都丸ちよ→⑤愛情たーっぷりな『Naked Romance』 / 牧野由依→⑥相方の歌を歌う『メルヘンデビュー!』 / 花守ゆみり→⑦森久保が歌う『あんずのうた』 / 高橋花林→⑧子供達による『みんなのきもち』 / 黒沢ともよ,佐藤亜美菜、春瀬なつみ→⑨3人娘による『花簪 HANAKANZASHI』 / 嘉山未紗、田澤茉純、新田ひより→⑩セクシーが歌う『DOKIDOKIリズム』 / のぐちゆり、和氣あず未、→⑪あんきらによる『shabon song』 / 五十嵐裕美、松嵜麗→⑫LOVE LAIKAが歌う『-LEGNE- 仇なす剣 光の旋律』 / 上坂すみれ、洲崎綾→⑬絆の『Never say never』 / 松井恵理子→⑭You’re stars shine on me ~For Miku rearrange Mix~ / 高森奈津美→⑮ミツボシ☆☆★ ~For Minami rearrange Mix~ / 洲崎綾→⑯フレッシュな『メッセージ』 / 嘉山未紗、高橋花林、田澤茉純、都丸ちよ、中島由貴、新田ひより、のぐちゆり、花守ゆみり、原田彩楓、藤田茜→⑰パッションが歌う『Nation Blue』 / 木村珠莉、高田憂希、松嵜麗、杜野まこ、和氣あず未→⑱クールが歌う『アタシポンコツアンドロイド』 / 上坂すみれ、桜咲千依、佐藤亜美菜、洲崎綾、松井恵理子→⑲キュートが歌う『Orange Sapphire』 / 五十嵐裕美、大坪由佳、高森奈津美、立花理香、牧野由依→⑳お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix- / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
M24 Take me☆Take you / 高田憂希、高橋花林、高森奈津美、花守ゆみり、原田彩楓、三宅麻理恵
M25 モーレツ★世直しギルティ! / のぐちゆり、和氣あず未
M26 メルヘン∞メタモルフォーゼ! / 三宅麻理恵
M27 あんきら!?狂騒曲 / 五十嵐裕美、松嵜麗
M28 Nothing but You / 上坂すみれ、下地紫野、高森奈津美、松井恵理子
M29 生存本能ヴァルキュリア / 桜咲千依、木村珠莉、佐藤亜美菜、洲崎綾、中島由貴
M30 ハイファイ☆デイズ / 大坪由佳、黒沢ともよ、佐藤亜美菜、高森奈津美、田澤茉純、春瀬なつみ、杜野まこ
M31 夕映えプレゼント / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M32 EVERMORE / 五十嵐裕美、上坂すみれ、桜咲千依、佐藤亜美菜、立花理香、都丸ちよ、新田ひより、のぐちゆり、原田彩楓、藤田茜、松嵜麗、三宅麻理恵、杜野まこ、和氣あず未
M33 M@GIC☆ / 大坪由佳、嘉山未紗、木村珠莉、黒沢ともよ、下地紫野、洲崎綾、高田憂希、高橋花林、高森奈津美、田澤茉純、中島由貴、花守ゆみり、春瀬なつみ、牧野由依、松井恵理子
M34 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


■SSA(2日目)

M01 Shine!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M02 熱血乙女A / 赤崎千夏
M03 SUPERLOVE☆ / 山本希望
M04 青空リレーション / 金子有希
M05 キラッ!満開スマイル / 朝井彩加、大空直美、金子真由美、高野麻美、種崎敦美、津田美波
M06 SUN♡FLOWER / 原紗友里、金子有希、春野ななみ、山本希望、佳村はるか
M07 輝く世界の魔法 / 大橋彩香、福原綾香、飯田友子、鈴木絵理、竹達彩奈、伊達朱里紗、照井春佳、東山奈央、原優子、安野希世乃
M08 エチュードは1曲だけ / 青木志貴、青木瑠璃子、今井麻夏、千菅春香、長島光那、村中知、ルゥ・ティン
M09 cherry*merry*cherry / 大空直美
M10 つぼみ / 藍原ことみ、金子真由美、伊達朱里紗、長島光那、安野希世乃、ルゥ・ティン
M11 Love∞Destiny / 青木志貴、青木瑠璃子、大空直美、金子有希、津田美波
M12 Near to You / 青木志貴、朝井彩加、金子真由美、高野麻美、種崎敦美、千菅春香、松田颯水、山本希望、佳村はるか、ルゥ・ティン
M13 Snow Wings / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、長島光那
M14 To my darling… / 竹達彩奈
M15 ラヴィアンローズ / 照井春佳
M16 リトルリドル / 青木志貴、朝井彩加、山本希望
M17 We’re the friends! / 原紗友里、藍原ことみ、青木瑠璃子、赤崎千夏、今井麻夏、大空直美、金子有希、津田美波、長島光那、春野ななみ、村中知
M18 One Life / 千菅春香
M19 PANDEMIC ALONE / 松田颯水
M20 Nocturne / 飯田友子、千菅春香、東山奈央
M21 銀のイルカと熱い風 / 今井麻夏、大空直美、鈴木絵理、照井春佳、原優子、村中知
M22 Treasure☆ / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、青木瑠璃子、佳村はるか
M23 Serendipity Medley!!!(①お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix- / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS→②ギャル友達が歌う『Radio Happy』 / 金子真由美、山本希望、佳村はるか→③猫好きが歌う『おねだり Shall We 〜?』 / 長島光那→④風色メロディ ~For Mio Rearrange Mix~ / 原紗友里→⑤ましゅまろ☆キッス ~For Riina Rearrange Mix~ / 青木瑠璃子→⑥ヤンキーが歌う『Can’t Stop!!』 / 原優子→⑦小悪魔による『絶対特権主張しますっ!』 / 藍原ことみ、高野麻美、ルゥ・ティン→⑧オトメ達が歌う『ススメ☆オトメ ~jewel parade~』 / 金子有希、津田美波→⑨お嫁さんにしたいアイドルNo.1による『エヴリデイドリーム』 / 種崎敦美→⑩フレッシュな『GOIN’!!!』 / 朝井彩加、伊達朱里紗、春野ななみ→⑪ROCK THE BEATが歌う『Lunatic Show』 / 青木瑠璃子、安野希世乃→⑫ダークイルミネイト飛鳥『華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~』 / 青木志貴→⑬女神による『ヴィーナスシンドローム』 / 飯田友子→⑭ブルーナポレオンによる『Nation Blue』 / 今井麻夏、東山奈央、長島光那→⑮アブナイ炎陣による『Absolute NIne』 / 金子真由美、千菅春香、原優子、村中知、安野希世乃→⑯new generationsによる『Trancing Pulse』 / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里→⑰パッションが歌う『咲いてJewel』 / 金子有希、鈴木絵理、伊達朱里紗、松田颯水、佳村はるか→⑱クールが歌う『明日また会えるよね』 / 福原綾香、今井麻夏、千菅春香、村中知、ルゥ・ティン→⑲キュートが歌う『きみにいっぱい☆』 / 朝井彩加、大空直美、種崎敦美、津田美波、照井春佳→⑳お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix- / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
M24 ∀NSWER / 朝井彩加、松田颯水
M25 Jet to the Future / 青木瑠璃子、安野希世乃
M26 ラブレター / 大橋彩香、種崎敦美、津田美波
M27 情熱ファンファンファーレ / 原紗友里、赤崎千夏、金子有希
M28 Tulip / 藍原ことみ、飯田友子、高野麻美、佳村はるか、ルゥ・ティン
M29 純情Midnight伝説 / 金子真由美、千菅春香、原優子、村中知、安野希世乃
M30 サマカニ!! / 赤崎千夏、鈴木絵理、伊達朱里紗、東山奈央、春野ななみ
M31 夢色ハーモニー / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M32 EVERMORE / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、朝井彩加、今井麻夏、大空直美、金子真由美、鈴木絵理、伊達朱里紗、千菅春香、東山奈央、松田颯水、佳村はるか、ルゥ・ティン
M33 M@GIC☆ / 藍原ことみ、青木志貴、青木瑠璃子、飯田友子、金子有希、高野麻美、種崎敦美、津田美波、照井春佳、長島光那、原優子、春野ななみ、村中知、安野希世乃、山本希望
M34 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


見どころ

デレステのアニバーサリーリーライブとしての周年ライブスタート

4thライブでソーシャルゲームから始まりテレビアニメで盛り上がりを極めた、いわばシンデレラガールズのファーストシーズンとも言うべき時期が終わり、この5thライブからアプリリズムゲーム「デレステ」のアニバーサリーライブへと周年ライブの性格が移行している。

セトリの中心にはこの周年ライブ開催までにデレステ内で実装された新曲が置かれ、それを歌うアイドルたち(オリジナルメンバー)がいかに出演するか、あるいは揃うかがライブの目玉となっていった。

以降この流れが現在に至るまで続くことになる。

総勢64名のキャストによるシンデレラ初の全国ツアー

シンデレラガールズは大勢のアイドル、キャストがいるため、1人1人のアイドル&キャストのパフォーマンスをじっくり見たい場合は、多くの会場で多くの公演を行う必要がある。

それが初めてかなったのがこの5thライブである。

総勢64名のキャストがどこかしらの会場で出演するという実にシンデレラらしい豪華なツアーライブとなった。

ライブ開催前までにボイスが決まっていて出演がかなわなかったのは、早見さんとM・A・Oさんだけであり、出演率という意味では現時点で最も高いライブとなっており、そういう意味でも豪華である。

サプライズリーダー制

シンデレラ初の全国ツアーということで初の公演ごとのリーダー制も採用している。

765ASやミリオンでは既に行われていた企画だが、シンデレラらしくユニークだったのは、そのリーダーについて事前の発表がなかったことだ。

誰がセンターに立ちその公演のリーダーであるのかは、ファン(プロデューサー)には開演するまでわからなかった。

なので、ライブに参加するプロデューサーにとっては「リーダーが誰か」ということに対する興味もライブの楽しみ方となった。

ちなみに、宮城公演は松嵜さん、石川公演は牧野さん、大阪公演は大橋さん、静岡公演は青木瑠璃子さん、幕張公演は佳村さん、福岡公演は大坪さん、SSA公演1日目はなしで、SSA公演2日目は従来通りニュージェネが務めた。

なお、通常であればミリオンの3rdライブと同じようにメインメンバーをリーダーに配置するところだが、シンデレラは意外性や変化球が売りのブランドでもあるため、このリーダーの配置という面でも意外性を用意していた。それは石川公演のリーダー牧野さんである。この人選に関しては事前に予想していたプロデューサーは皆無であったはずだ。彼女の演じるまゆは人気のあるキャラであったし、彼女の経験豊富なキャリアや高いアーティスト能力も知られているところではあったが、アイマス、シンデレラのメインメンバーという性質を持つキャストではなかったからだ。

牧野さんの人選によりかなり新鮮な雰囲気のあるツアーライブとなった。765ASは勿論ミリオンよりさらに多様な人材を揃えているシンデレラだからこそできたことかもしれない。

二度とない組み合わせでのライブ&パフォーマンス

多くのキャストが多くの会場で多くの曲を披露した。

このライブから、シンデレラの周年ライブは、多くのキャストが出演し多くの新曲を初披露することが最大の魅力となっていく。

そのため、ライブそのものはもちろん各楽曲の共演者も同じになることは全くなくなっていく。一つ一つの公演、一つ一つのステージがすべて最初で最後の組合せとなっていく。

もちろん人気曲のオリジナルメンバーや人気ユニットは共演の機会も多いが、それが売りではなくなっていく。常に一緒にいるのはニュージェネの3人だけである。アニメで組まれたメインメンバーによるユニットも共演することはなくなっていく。

そうした中、この5thライブで披露された様々なパフォーマンスは二度とないものとなっている。

担当アイドルや好きなキャストの様々な一面をじっくり見ることがこの5thライブの最大の楽しみ方だと思っているプロデューサーも多いはずだ。

初出演者組

朝井さん、嘉山さん、高田さん、高橋さん、田澤さん、伊達さん、都丸さん、中島さん、新田さん、のぐちさん、花守さん、原田彩楓さん、原田ひとみさん、春野さん、藤田さん、原田さん、の15人がシンデレラライブ、アイマスライブ初出演となった。

この初出演者数だけでも765AS+を超える人数である。プロデューサーにとっては、新キャストを一人ひとり丁寧に追う暇がないくらいの異例の多さである。

とはいえ、2015年のアニメやそれ以前に声がついているにも関わらず出演がかなっていなかったキャストについてはプロデューサー待望の初出演になったと言っていいだろう。

中でも原田ひとみさんはシンデレラの中ではトップクラスの人気キャラである初代シンデレラガールズの十時愛梨役のキャストであるが、これまで体調不良などにより出演がかなっていなかったことから多くのプロデューサーにとって感慨深い出演となった。

SSA1日目、遂に登場を果たした原田さんが「アップルパイ・プリセンス」を歌う姿は忘れられない。十時Pは涙なしには見られなかったことだろう。

new generationsお休みライブ

リーダー制を採用し、多くのキャストが登場するライブということで、シンデレラのセンターユニットであるニュージェネの3人にとっては一呼吸つく周年ライブとなった。

出演は大橋さんが大阪とSSA2日目のみ、福原さんと原さんは幕張とSSA2日目のみであり、加えて3人だけで披露した曲も全公演通じてメドレーコーナーでの1曲のみであった(SSA2日目の「Trancing Pulse」)。

8th、SSA2014、1st、2nd、アニメ、10th、3rd、4thと、ここまで常に責任と重圧を背負い、シンデレラの先頭を走り、道を切り拓いてきた3人である。765ASと同様一呼吸も必要ということだろう。

この翌年の6thライブではドームライブツアーを唯一全通する3人となるため、またアクセル全開ということになる。この5thライブは多くのキャストにスポットライトを当てるとともにニュージェネお休みライブでもあったということだろう。

そういう面でも新鮮であった。

シンデレラにおける大橋彩香とニュージェネの存在の大きさ

サプライズリーダー制&ニュージェネお休みライブというシンデレラにとっては初めての経験となった5thライブだが、だからこそこれまで当たり前のように真ん中にいてくれたニュージェネの重要性を感じたプロデューサーも多かったのではないだろうか。

それがよくわかるのが大阪公演だ。宮城、石川を経ての公演となった大阪公演だが、大橋さんが真ん中に立っているときの他のキャストのなんと自然な個性の発揮の仕方か。

誰一人気負うことも気張ることもなく、自然にMCは繋がり、皆が自然にかつスムーズに自身とアイドルの立ち位置に基づくリアクションを面白くする。

これまではいつも大橋さんがいたためそれが当たり前となっていて特段誰もありがたみを感じることはなかったかもしれない。しかし、大橋さんがいない公演をキャストもプロデューサーも初めて経験したことにより、こうしたことを改めてあるいは初めて実感できる機会となったはずだ。

そしてそんな大橋さんが心から頼りにしているのはニュージェネの二人である。4thライブで見せた涙を考えると、シンデレラにとって大橋さんがどれだけ重要か、その大橋さんにとってニュージェネの存在がどれだけ重要か、ということに考えが至るのが自然だろう。

5thライブの密かな見どころである。

メインメンバーに付加された新たな経験

4thライブまでニュージェネとともにひた走ってきたメインメンバーに新たな経験値をもたらしたライブでもある。

松嵜さん、青木瑠璃子さん、佳村さん、大坪さんの4人にとっては、年々シンデレラの古参キャストとしての責任を強く感じていたはずで、それを果たす機会が与えられたということでやりがいもあったことだろう。

各公演では、初出演組は勿論、そうでなくてもキャストの多いシンデレラではともに仕事をする機会も限られているはずで実質初めて会う人、一度・二度しか会ったことのない人、1年に数えるくらいしか会わない人も多かったはずである。そうした中、リーダーとしてまとめていくのは色々気苦労もあったことだろう。

しかしそれを立派に乗り越えまとめてみせた。

シンデレラガールズの仕事に”慣れ”が出始めていた面々に新たな刺激を与えることができたという意味でもブランドのこれからの成長にとって大きな出来事となったのではないだろうか。

また今回リーダーを務めなかったメインメンバーも、リーダーを頑張る仲間たちを見て、色々考えることができたのではないだろうか。

彼女たちもまたキャストの増え続けるシンデレラの根幹を担う重要な存在である。ニュージェネがいて、今回リーダーを務めたシンデレラプロジェクトの面々がいて、それをサポートしながら色々考えることのできたシンデレラプロジェクトの面々がいて、佳村さんがいる。

また一つブランドが強くなる5thライブだったのではないだろうか。

ちなみに、メインメンバーはステージパフォーマンスでも純粋に成長を見せてくれた。

初めて2ndソロ曲を披露した松嵜さん、五十嵐さん、大空さん、上坂さんは、それぞれの演じるアイドルの深堀した一面を魅力的に見せてくれた。松嵜さんはさらに元気で明るいきらりを、五十嵐さんは周りに優しくキュートな杏を、大空さんは可愛くポジティブな智絵里を、上坂さんは思いやりと素直さに溢れたアーニャを。

歌詞とメロディ、ステージパフォーマンスから、アニメの物語を経て成長したアイドルたちの姿が見えたのは筆者だけではないはずだ。

上坂さんと松嵜さんがSSA1日目の最後の挨拶でそれぞれが演じるアーニャ、きらりに対する距離感と向き合い方が自然になり様々な可能性を感じ取れるようになった、というようなコメントをしていた。

それは765ASも通ってきた葛藤と成長である。4thライブで2ndソロ曲を初披露した他のシンデレラプロジェクトのメンバーや佳村さんも同じようなプロセスを踏んでいるのではないだろうか。

アイマスというよりシンデレラというブランドが独立独歩で大きくなったような印象を持つ5thライブだが、彼女たちのコメントでアイマスのDNAを感じることができる。プロデューサーによっては安堵感を覚えるはずだ。

アイマスライブに初めてがっつり関わったメインメンバー以外のキャスト勢

メインメンバー以外にとっては初めて自身ががっつりアイマスライブに関わったという実感があった5thライブとなったのではないだろうか。

これらの面々にとっては、それまでは出演者数が多いこともあり歌う曲数も限られ、どちらかというとゲスト出演のような気持ちが強かったことは想像に難くない。

しかし今回のライブでは、自身のソロ曲や持ち歌以外にも、他の属性曲や、他のユニット曲を歌うキャストも多かった。

デレステのコンセプト的にはそれは正しいことであり、アイドルの人数が限られている765ASにおいては目新しさを維持するという意味でも当たり前のやり方ではあったが、アイドルの多いシンデレラでは、オリジナルメンバーのユニット曲、オリジナルソロ曲を並べるだけでそれが担保されてしまうため、こうしたメンバー入れ替えをあえてやるメリットはほとんどなかった。

これまでの周年ライブでのセトリがそれを証明していたし、これ以降の周年ライブでのセトリもそれを証明している。

しかし、この5thライブは多くの会場で多くの公演を行ったため、メンバー入れ替えが最も実現できるライブとなった。

そのため、これまでライブに出ていた面々も初めてアイマスキャストとして、アイマスライブにがっつり関わったという実感があったのではないだろうか。オリジナルメンバーとして歌うソロ曲、ユニット曲に加え、他の属性曲や他のユニット曲への参加、そしてオープニング・エンディングの全員曲と、フル稼働である。

彼女たち自身にとっては二度とないくらい濃密なツアーとなったのではないだろうか。そして、それは彼女たちの演じるアイドルの担当プロデューサーにとっても同じであろう。

デレステ発新曲のオリジナルメンバーでの初披露

5thライブ最大の純粋な見どころはこれだろう。

宮城公演・SSA公演1日目での「あんきら!?狂騒曲」、石川公演・静岡公演・SSA公演2日目での「Jet to the Future」、SSA公演1日目での「Kawaii make MY day!」「Sweet Witches’ Night ~6人目はだぁれ~」、SSA公演2日目での「ラブレター」「情熱ファンファンファーレ」「Tulip」「純情Midnight伝説」「サマカニ!!」である。

まず、シンデレラの中ではデュオ人気最上位と言っても過言ではない杏&きらりとそれに次ぐ人気を誇るであろう李衣菜&夏樹の全プロデューサー待望の専用ユニット曲の初披露だが、これがまた最高だった。

五十嵐さんと松嵜さんの長年のコンビネーションと杏ときらりのコンビネーションが冴え渡っていた「あんきら!?狂騒曲」。歌唱そのものもそうなのだが曲中でのセリフのやりとりや煽りがまんま杏ときらりであった。このライブが初披露ということもあったせいか客席のコールは決して大きくなかったが、これは二人の絶妙な寸劇に見入っていたからかもしれない。それくらい杏ときらり、五十嵐さんと松嵜さんらしいパフォーマンスクオリティであった。

李衣菜にとっては待望のロック系の曲である「Jet to the Future」はとにかくカッコいい曲である。このカッコよさを出し切るのは意外と難しい曲のように思うが、そこはさすが青木瑠璃子さんと安野さんである。バランスよくカッコよさを出していた。デュオのロック系クールソングにありがちな互いの歌唱勝負のような状態にならずに気持ちよい歌声を客席に届けることができるのは、青木さんと安野さん二人の個性あってこそなのかもしれない。

「Kawaii make MY day!」もオリジナルメンバーが全員揃っての初披露となった。「メロウ・イエロー」というユニットのユニット曲であり、とにかくキュートさを前面に押し出したTHEアイドルソングである。とにかく完璧に可愛かった。メロウ・イエローはキュート属性を代表する初期からの人気ユニットであるが、その3人に声がつき、デレステでこれ以上ないぴったりなユニット曲が与えられ、そして初めて3人が周年ライブで一同に会し、という3人の軌跡も感じることができた。この日、SSA近くのコンビニでユニット名と同名の清涼飲料水がよく売れたのは偶然ではないだろう(笑)。

そしてなんといっても、見どころ中の見どころは、SSA公演2日目の「ラブレター」から「サマカニ!!」にかけてのラストスパートである。今回の豪華なライブツアーの締めに相応しく盛り上がりが天井知らずとなった。

初めて揃ったキュート代表ユニットの「ピンクチェックスクール」の3人が王道のキュートソングであり記念すべき初ユニットソングである「ラブレター」を初披露し、これまた初めて揃ったパッション代表ユニットの「ポジティブパッション」の3人が王道のパッションソングであり記念すべき初ユニットソング「情熱ファンファンファーレ」を初披露する。いわば、「トライアドプリムス」の「Trancing Pulse」に相当する2曲である。これでテンションの上がらないプロデューサーはいないであろう。特に「情熱ファンファンファーレ」はコールがしやすくかなり楽しい。原紗友里さんの煽りも上手でこれ以上ないほど会場は盛り上がった。

この2曲でも既にお腹一杯だが、ここからがさらに凄かった。まずは「Tulip」。デレステ発楽曲としては最上位を争うほどの人気曲であるため、4thライブ以降様々な場面で歌われてきたが、CDオリジナルメンバーによる完全無欠なかたちでの披露はここが初めてであった。立ち位置も歌詞割もすべてCD通りとなっており、それだけでカタルシス感が半端ない。しかもセンターにいる奏(飯田さん)と客席から向かって右端にいる美嘉(佳村さん)の歌うサビは極上。二人の持つカッコよさとセクシーさ、女性らしさが絶妙な塩梅で表現されていた。

そして初めて最初からフルメンバーで歌った「純情Midnight伝説」からの「サマカニ!!」である。

「サマカニ!!」をCDオリジナルメンバーで聞ける日が来るなんて誰が思っていただろうか。ユニット専用曲というより、どちらかというとシンデレラ共通のサマーソングといった印象の強い曲である。それがオリジナルメンバーで披露されたのである。

盛り上がりがただでさえ半端ない曲調であるにも関わらず、それにCDやデレステと同じ声が乗り、アイドルがデレステと同じ立ち位置でステージにいるのである。会場の興奮は天井知らずであった。東山さん演じる川島さんの独特の声が会場中に響き渡り、この5thライブがアイマスライブ初出演となった伊達さんと春野さんの陽気で可愛い声が新鮮に響き、元気な鈴木さんと赤崎さんの声が客席の声援と一体となる。公演当日は8月13日。夏真っ盛りである。長い5thライブツアーの締めに相応しい最高の夏の1日の最高の夏の1曲となった。

なお、このSSA2日目のラストスパートはデレステの魅力がこれでもかと凝縮されていたことも付け加えておきたい。二度と揃わないかもしれないオリジナルメンバーがデレステの画面と同じように歌って踊る。しかもデレステの人気の勢いそのままの勢いが乗ったような曲を。「最高に楽しい」以外の言葉が見つからないステージである。

【関連記事】