SideM LIVE ON STAGE!についてレビューする(アイマス歴史紹介㊵)

SideM LIVE ON STAGE!についてレビューする(アイマス歴史紹介㊵)

※画像は「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」の公式サイトより

【関連記事】

Advertisement

概要

2017年8月30日に配信を開始。

正式名称は「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」。略称は「エムステ」。

デレステ、ミリシタに次ぐ、アイマス3番目のアプリゲーム。

アイマス初の男性アイドルブランド「SideM」のリズムゲームで、SideMに登場する46人の男性アイドルが初めて3Dとなって登場した。

2021年8月31日をもってサービスを終了することが発表されている。

Advertisement

レビュー

・テレビアニメ「SideM」の放送直前にリリースされた。坂上総合プロデューサーは以前からSideMは男性アイドルの作品であるため女性アイドルより歩幅の大きさを意識したブランド展開を考えていると言っていたが、その通り1stライブ、2ndライブを経て、アプリゲーム、テレビアニメというブランドにとっての切り札を同時に展開している。

・SideMに登場する男性アイドル46人が3Dで全員登場するのは初めてという意味でSideMにとっては記念すべきゲーム。

・デレステやミリシタと同じリズムゲームだが、両作品とは違うコンセプトの運営となっている。女性ユーザーを誘引し満足させることを意識してか、リズムゲームとしての難易度ややり込み度は高くなく、リズムゲームをプレイするというよりミニゲームイベントを楽しみ、そこで手に入れたアイドルカードのアイドルたちをご褒美的に3Dで歌って踊らす側面が強いゲームとなっている。

・3Dのモデルは他のアイマスゲームから大幅に変えている。男性アイドルらしくミリシタよりさらに頭身が高くスラっとしたデザインにし、動きもリアルさよりスピードやキレを重視していた印象。これは男性アイドルであることのメリットを最大化した結果だと思われる。(しかしながら、これにより少しアイマスらしさが失われていた印象は正直ある。他のアイマスの女の子のアイドルのように繊細さまではいらないかもしれないが、もう少し生々しさというかリアルさはあっても良かったかもしれない。さらに言えば、もう少し頭身を低めにし愛嬌ある雰囲気があっても良かったかもしれない。)

・サービス終了が決定しているが、これはアイマス初の男性アイドルブランドによる女性ユーザー獲得に向けた運営を試行錯誤しながら行った結果、継続展開中のソーシャルゲームとの差別化、他の男性アイドルアプリゲームとの差別化がうまくできなかったためと思われる。

・既に発表されている次のSideMの新作アプリゲーム、継続展開中のSideMのソーシャルゲームにおいて、本ゲームの一部機能の引継ぎや発展的解消等が予定されている。

【関連記事】