《ネタ》アイマス声優をサッカー形式で紹介してみる

《ネタ》アイマス声優をサッカー形式で紹介してみる

10thライブでは、野球のスタメン発表のようなかたちでの出演キャストの紹介映像がありましたが、それをサッカーバージョンにしてみました。

お遊び記事です(笑)。

【関連記事】

Advertisement

765PRO ALL STARS+

フォーメーションは3-4-3。

一騎当千の765ASに相応しく、一人ひとりが攻守において幅広いエリアをカバーすることになるため、個人の戦術眼の高さ、技量の高さが問われる布陣。

クライフ率いるオランダ代表に始まり、FCバルセロナでも伝統的に採用されていた戦術&フォーメーション。

■監督:大塚芳忠/コーチ:赤羽根健治

ポジション背番号名前
GK1(C)若林直美
DF2原由実
DF3沼倉愛美
DF5平田宏美
MF4たかはし智秋
MF6下田麻美
MF7釘宮理恵
MF8今井麻美
FW9長谷川明子
FW10中村繪里子
FW11仁後真耶子
GK(サブ)12滝田樹里
DF(サブ)13浅倉杏美

・センターフォワードで点取り屋の中村がこのチームのエース。このチームのほとんどのゴールを決める頼れる10番。

・トップ下の今井が、中村へのパスを供給し、アシストを量産。今井はときに仁後へのパスに偏重しがちだが最も結果が出るのは中村・今井のコンビネーションから。

・両翼の仁後と長谷川は、それぞれのサイドで釘宮、下田とともにゴールに迫る。

・左サイドの長谷川&下田は変幻自在のプレーでポジションチェンジをしながら中と外両方から崩すことができる。

・右サイドの仁後&釘宮は絶妙なコンビネーションでの縦への突破を得意とする。同サイドの相手DFはたいてい無力化される。

・仁後・長谷川は中村へのアシストを好まないが、決定力は決して高くないため、彼女たちのシュートのこぼれ球やリフレクションをいつも中村が決める。

・中盤底にはたかはし。卓越した個人技を持ちながら戦況を見極めることに長けている名ボランチ。よく自分のポジションを見失うが周りのサポートがいつも入る。そのためたかはしがポジション取りを失敗してもなぜか戦術的な破綻は起きない。

・ディフェンスラインはセンターに平田。彼女の堅実な守備はチームに安定感をもたらしている。若い沼倉・原・浅倉を携えてのディフェンスラインは鉄壁を誇る。だが守備をさぼる中村とはよくいさかいを起こす。

・守護神は若林。万能型のキーパー。セーブにもフィードにも長けている。またそれだけでなく、ホーム・アウェー関係なく煽りなどでゴール裏の観客を味方にすることも得意。

・GKのサブは滝田。相手を惑わす術が豊富でPKには滅法強い。

シンデレラガールズ

フォーメーションは4-2-3-1。

現日本代表でもよく採用されているフォーメーション。

中盤を厚くし、多彩な攻撃・守備を可能にする。このフォーメーションであれば、フォーメーションをいじらなくても選手構成を変えることで様々な戦術遂行が可能になる。

人材豊富なシンデレラガールズに相応しいフォーメーションと言えるだろう。

■監督:田中敦子/コーチ:武内駿輔

ポジション背番号名前
GK1洲崎綾
DF2(C)松嵜麗
DF3五十嵐裕美
DF4黒沢ともよ
DF5大空直美
MF6高森奈津美
MF8青木瑠璃子
MF7福原綾香
MF10大橋彩香
MF11原紗友里
FW9佳村はるか
GK(サブ)12大坪由佳
DF(サブ)13山本希望
MF(サブ)14上坂すみれ
FW(サブ)15内田真礼

・このチームの軸となる攻撃的MFには、大橋、福原、原の3人を並べる。彼女たちがこのチームの攻撃のすべてを担う。阿吽の呼吸でプレーすることができ、3人の間で得点とアシストを量産している。最強の攻撃ユニット。

・1トップには佳村。自ら点を取る能力には乏しいが、攻撃的MFの3人に得点を取らせる能力に関してはチーム一。彼女の攻守における頑張りが、大橋、福原、原の3人の攻撃を支えている。内田の場合は3人とのコンビというより独特のリズムで独力によるゴールを目指すプレーが増えるため、それにより相手ディフェンスを混乱させることができる。

・守備的MFには青木と高森。ピッチの全体の状況を瞬時に見極め、それに応じたプレーを行うことができる。ピッチ内の全選手との連携が誰よりもスムーズ。前方、サイド、後方とボールを全方位に配給する能力、ポジジョン取りの能力とも優れたものを持ち、攻守における要と呼ぶにふさわしい存在。上坂も同様の適性を有する。ただ個の能力は上坂のほうが高い。前線に積極的に顔を出しアイデアあふれるプレーも披露できる。

・両サイドバックには大空と黒沢。双方とも攻撃参加で特徴を発揮する選手。黒沢はスピードによる縦突破を得意とし、大空は多彩なプレーでの崩しを得意とする。二人とも運動量はチーム一。山本は万能型のディフェンダー。サイドバックによる攻撃参加もこなすが、守備もどこでもできる。

・センターバックには松嵜と五十嵐。チームの最後の砦として君臨。見事なコンビでチームの守備を支えるとともにチームの精神的支柱となっている。両サイドバックが上がったあとは、高森、青木、洲崎らとともにうまく守ることができる。

・キーパーには洲崎。フィード能力に長け、ボールをつなぐスタイルのチームにおけるキーパーとして高い能力を有している。優れた戦術眼を持ち、ピッチ内での指示を的確に行うことができる。大坪は洲崎に比べセーブ能力に長けている。安定感はどちらも抜群。

ミリオンスターズ

フォーメーションは3-5-2。

クラシカルな戦術を採用。全員で攻撃も守備も頑張るという布陣。

守備のときには5バックにもなり、攻撃のときには5トップにもなる。

■監督:大塚芳忠/コーチ:???

ポジション背番号名前
GK1愛美
DF2渡部優衣
DF3藤井ゆきよ
DF4大関英里
MF5雨宮天
MF6麻倉もも
MF7伊藤美来
MF8夏川椎菜
MF10(C)山崎はるか
FW9田所あずさ
FW11Machico
DF(サブ)13上田麗奈
MF(サブ)14木戸衣吹

・10番にしてエースでキャプテンは山崎。チームを自在に操り、大事な場面ほどアシストとゴールというかたちで決定的な仕事をする。

・田所とMachicoはハイセンスな攻撃能力を生かし、独力でも周りとのコンビネーションでもゴールを陥れることができる。チーム内でのゴール数とアシスト数のトップを常に争っている。

・攻撃時には2トップと同じラインに入り、守備時には中盤での守備から5バックにおけるサイドバックとしての仕事までこなすのは、夏川と伊藤。豊富な運動量ときらりと光るプレーでチームに常に貢献している。この二人のフィジカルコンディションが万全でない場合は、同じ質でプレーできる木戸を投入したい。

・守備的MFには、麻倉と雨宮。麻倉は常に自由に動く。それがチームにアクセントと意外性をもたらしている。雨宮は正確なポジショニングなどでそんな麻倉の動きをチームの利に還元させている。

・3バックは上背のある3人。守備は強固でセットプレーにも強い。藤井を中心にラインコントロールも緻密に行う。上田は上背はないが守備時のインテンシティの高さでそれをカバーしている。またスピードにも強い。相手の攻撃がスピードタイプのときは上田を入れるのがいいだろう。

・キーパーは愛美。安定感抜群。フィードもセーブも高いレベルでこなし、ボールコントロールの質も高い。

Advertisement

SideM

フォーメーションは4-4-2。

オーソドックススタイル。どんな展開になってもバランスを失うリスクが少ない。

■監督:立木文彦/コーチ:石川界人

ポジション背番号名前
GK1伊東健人
DF2中島ヨシキ
DF3榎木淳弥
DF4菊池勇成
DF5山谷祥生
MF6神原大地
MF7八代拓
MF8松岡禎丞
MF9内田雄馬
FW11(C)寺島拓篤
FW10仲村宗吾
GK(サブ)12白井悠介
DF(サブ)13高塚智人
DF(サブ)14永塚拓馬
DF(サブ)15渡辺紘
DF(サブ)16堀江瞬
MF(サブ)17 梅原裕一郎
MF(サブ)18千葉翔也
FW(サブ)19野上翔

・攻撃陣のファーストチョイスは、ドラスタとジュピター。ドラスタがピッチの左半分を主戦場にし、ジュピターが右半分を主戦場にする。トップのバックアップメンバーは野上、中盤のバックアップメンバーには梅原と千葉。

・守備陣のファーストチョイスは、セムとダブル。セムをセンターラインに配置し、サイドバックにはダブルを配置。バックアップメンバーはハイジョとバイト。バックアップメンバーもスタメンとそん色ない布陣となっている。

シャイニーカラーズ

フォーメーションは4-3-3。

攻守ともバランス良くこなせる布陣。試合展開に左右されず自チームの持っている力や特徴を生かすことができる。

■監督:津田健次郎/コーチ:???

ポジション背番号名前
GK1八巻アンナ
DF2芝崎典子
DF3前川涼子
DF4成海瑠奈
DF5永井真里子
MF6(C)峯田茉優
MF8近藤玲奈
MF10関根瞳
FW7河野ひより
FW9礒部花凜
FW11黒木ほの香
GK(サブ)12涼本あきほ
DF(サブ)13菅沼千紗
DF(サブ)14結名美月
DF(サブ)15丸岡和佳奈
DF(サブ)16白石晴香

・トップには各ユニットのリーダーを配置。バリエーションのある攻撃をワイドに展開する。

・中盤にはイルミネを配置。攻守のすべてにおけるスイッチ役を担う。

・ディフェンスラインは、個々の個性を補完しあう人選で構成する。これによりプレーの特徴の相互作用が起きチームの守備が安定する。