シンデレラ6thライブのセトリや見どころなど(アイマス歴史紹介㊿)

シンデレラ6thライブのセトリや見どころなど(アイマス歴史紹介㊿)

【関連記事】

Advertisement

概要

タイトル

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!

公演日・会場

2018年11月10日・11日 メットライフドーム公演(埼玉)

2018年12月1日・2日 ナゴヤドーム公演(愛知)

出演者

[メットライフドーム公演(1日目)]大橋彩香、福原綾香、原紗友里、藍原ことみ、飯田友子、桜咲千依、金子真由美、髙野麻美、立花理香、花守ゆみり、原優子、三宅麻理恵、安野希世乃、山本希望、佳村はるか、ルゥティン、青木瑠璃子、大坪由佳、木村珠莉、高森奈津美、伊達朱里紗、千菅春香、東山奈央、藤本彩花、村中知、杜野まこ、山下七海

[メットライフドーム公演(2日目)]大橋彩香、福原綾香、原紗友里、藍原ことみ、飯田友子、桜咲千依、金子真由美、髙野麻美、立花理香、花守ゆみり、原優子、三宅麻理恵、安野希世乃、山本希望、佳村はるか、ルゥティン、青木志貴、朝井彩加、五十嵐裕美、今井麻夏、上坂すみれ、黒沢ともよ、小市眞琴、佐藤亜美菜、洲崎綾、新田ひより、春瀬なつみ

[ナゴヤドーム公演(1日目)]大橋彩香、福原綾香、原紗友里、青木瑠璃子、朝井彩加、五十嵐裕美、大空直美、鈴木絵理、鈴木みのり、高田憂希、高橋花林、津田美波、のぐちゆり、渕上舞、牧野由依、松井恵理子、松嵜麗、松田颯水、和氣あず未、大坪由佳、金子有希、嘉山未紗、下地紫野、田澤茉純、都丸ちよ、原田彩楓、三宅麻理恵、神谷早矢佳、深川芹亜、森下来奈

[ナゴヤドーム公演(2日目)]大橋彩香、福原綾香、原紗友里、青木瑠璃子、朝井彩加、五十嵐裕美、大空直美、鈴木絵理、鈴木みのり、高田憂希、高橋花林、津田美波、のぐちゆり、渕上舞、牧野由依、松井恵理子、松嵜麗、松田颯水、和氣あず未、会沢紗弥、武田羅梨沙多胡、田辺留依、種﨑敦美、長島光那、中島由貴、花井美春、山下七海

Advertisement

ライブレポート

セットリスト

デレステの実装曲と最新のCD収録曲を中心とした構成となっている。

また、春夏秋冬各季節でアイドル達がテーマパーク(遊園地)に遊びに来たという設定・コンセプトになっており、それに合わせたセトリとなっている。

具体的には、メットライフドーム公演1日目が春、同2日目が夏、ナゴヤドーム公演1日目が秋、同2日目が冬、という設定でセトリが組まれている。

■メットライフドーム公演1日目

01 イリュージョニスタ! / 全員
02 気持ちいいよね 一等賞! / 杜野まこ、伊達朱里紗、村中知
03 HARURUNRUN / 藤本彩花、大坪由佳、高森奈津美
04 TOKIMEKIエスカレート / 佳村はるか、金子真由美、山下七海
05 ニャンと☆スペクタクル / 高森奈津美、桜咲千依
06 One Life / 千菅春香
07 STORY / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里
08 Starry-Go-Round / 全員
09 朗読劇(Coolパート)
10 Radio Happy / 山下七海
11 DOKIDOKIリズム / 山本希望、伊達朱里紗
12 Dreaming Star / 木村珠莉
13 凸凹スピードスター / 三宅麻理恵、花守ゆみり
14 Jet to the Future / 青木瑠璃子、安野希世乃
15 Twin☆くるっ★テール / 佳村はるか、山本希望
16 Virgin Love / 原優子、金子真由美
17 Wonder goes on!! / 高森奈津美、青木瑠璃子、三宅麻理恵、安野希世乃
18 朗読劇(Passionパート)
19 PROUST EFFECT / 藍原ことみ
20 桜の頃 / 立花理香、桜咲千依、花守ゆみり、藤本彩花
21 if / 飯田友子
22 薄紅 / 立花理香、福原綾香、木村珠莉
23 Private Sign / ルゥティン
24 桜の風 / 飯田友子、大坪由佳、立花理香、東山奈央、山下七海、山本希望
25 クレイジークレイジー / 藍原ことみ、髙野麻美
26 朗読劇(Cuteパート)
27 Dreaming of you / 東山奈央
28 Dear My Dreamers / 杜野まこ
29 炎の華 / 原優子
30 アンデッド・ダンスロック / 千菅春香、桜咲千依
31 美に入り彩を穿つ / 立花理香、ルゥティン
32 純情Midnight伝説 / 原優子、金子真由美、千菅春香、村中知、安野希世乃
33 Tulip / 飯田友子、ルゥティン、佳村はるか、髙野麻美、藍原ことみ
34 Happy New Yeah! / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、花守ゆみり、大坪由佳、東山奈央、藤本彩花、村中知、杜野まこ
35 Stage Bye Stage / 全員
36 GOIN’!!! / 全員
37 お願い!シンデレラ / 全員

■メットライフドーム公演2日目

01 イリュージョニスタ! / 全員
02 ステップ! / 原紗友里
03 いとしーさー♥ / 五十嵐裕美、桜咲千依、新田ひより
04 ドレミファクトリー! / 小市眞琴、春瀬なつみ、佐藤亜美菜、今井麻夏、黒沢ともよ
05 リトルリドル / 五十嵐裕美、山本希望、青木志貴、桜咲千依、朝井彩加
06 メルヘンデビュー! / 三宅麻理恵
07 Starry-Go-Round / 全員
08 朗読劇(Coolパート)
09 CoCo夏夏夏 Holiday / 花守ゆみり、原紗友里、原優子、春瀬なつみ、安野希世乃
10 Twin☆くるっ★テール / 佳村はるか、山本希望
11 凸凹スピードスター / 三宅麻理恵、花守ゆみり
12 銀のイルカと熱い風 / 洲崎綾、飯田友子、今井麻夏、小市眞琴、福原綾香
13 Virgin Love / 原優子、金子真由美
14 ハイファイ☆デイズ / 今井麻夏、春瀬なつみ、黒沢ともよ、新田ひより、三宅麻理恵、佳村はるか
15 Orange Sapphire / 藍原ことみ、朝井彩加、五十嵐裕美、大橋彩香、金子真由美
16 朗読劇(Passionパート)
17 フレデリカ、猫やめるよ / 髙野麻美
18 in fact / 佐藤亜美菜
19 Voyage / 洲崎綾
20 わたぐも / 黒沢ともよ
21 キミのそばでずっと / 新田ひより、立花理香、ルゥティン
22 さよならアロハ / 安野希世乃、金子真由美、髙野麻美
23 なつっこ音頭 / 黒沢ともよ、山本希望、佐藤亜美菜、小市眞琴、春瀬なつみ
24 朗読劇(Cuteパート)
25 You’re stars shine on me / 上坂すみれ
26 クレイジークレイジー / 藍原ことみ、髙野麻美
27 Bloody Festa / 桜咲千依
28 共鳴世界の存在論 / 青木志貴、飯田友子
29 美に入り彩を穿つ / 立花理香、ルゥティン
30 Rockin’ Emotion / 安野希世乃、朝井彩加
31 Memories / 洲崎綾、上坂すみれ
32 Tulip / 飯田友子、ルゥティン、佳村はるか、髙野麻美、藍原ことみ
33 Absolute Nine / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里
34 ガールズ・イン・ザ・フロンティア / 青木志貴、上坂すみれ、洲崎綾、立花理香、原優子
35 Stage Bye Stage / 全員
36 GOIN’!!! / 全員
37 お願い!シンデレラ / 全員

■ナゴヤドーム公演1日目

01 イリュージョニスタ! / 全員
02 お散歩カメラ / 金子有希、五十嵐裕美、松嵜麗
03 cherrymerrycherry / 大空直美
04 恋色エナジー / 下地紫野
05 おかしな国のおかし屋さん / 大坪由佳、高橋花林、三宅麻理恵
06 Sunshine See May / 高田憂希、鈴木みのり[山紫水明]
07 Kawaii make MY day! / 下地紫野、都丸ちよ
08 Starry-Go-Round / 全員
09 朗読劇(Coolパート)
10 Take me☆Take you / 大橋彩香、原田彩楓、高橋花林、高田憂希、原紗友里、三宅麻理恵
11 あんきら!?狂騒曲 / 五十嵐裕美、松嵜麗
12 秋風に手を振って / 青木瑠璃子、下地紫野、大空直美、田澤茉純、深川芹亜
13 秋めいて Ding Dong Dang! / 渕上舞、神谷早矢佳、嘉山未紗、都丸ちよ、のぐちゆり
14 Naked Romance / 津田美波、大橋彩香
15 情熱ファンファンファーレ / 原紗友里、金子有希、神谷早矢佳、鈴木絵理、深川芹亜、松嵜麗
16 朗読劇(Cuteパート)
17 Sweet Witches’ Night ~6人目はだぁれ~ / 大坪由佳、高橋花林、都丸ちよ、のぐちゆり、松嵜麗
18 命燃やして恋せよ乙女 / 原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未、嘉山未紗、田澤茉純
19 祈りの花 / 高田憂希
20 Last Kiss / 原田彩楓
21 君への詩 / 三宅麻理恵、原紗友里、渕上舞、森下来奈
22 さよならアンドロメダ / 福原綾香、高橋花林、朝井彩加、金子有希、津田美波
23 夕映えプレゼント / 嘉山未紗、鈴木みのり、田澤茉純、森下来奈
24 朗読劇(Passionパート)
25 ガールズ・イン・ザ・フロンティア / 金子有希、鈴木みのり、牧野由依、松井恵理子、松田颯水
26 AnemoneStar / 福原綾香
27 Love∞Destiny / 牧野由依、渕上舞、津田美波、青木瑠璃子、大空直美
28 踊りまくろ☆ダンシング・ナイト / 和氣あず未
29 サイキック!ぱーりーないと☆ / 鈴木絵理
30 モーレツ★世直しギルティ! / 鈴木絵理、和氣あず未、のぐちゆり
31 毒茸伝説 / 松田颯水
32 Trust me / 三宅麻理恵、原紗友里、渕上舞、森下来奈、牧野由依、神谷早矢佳、深川芹亜
33 ∀NSWER / 朝井彩加、高橋花林、松田颯水
34 Trinity Field / 福原綾香、渕上舞、松井恵理子
35 Stage Bye Stage / 全員
36 GOIN’!!! / 全員
37 お願い!シンデレラ / 全員

■ナゴヤドーム公演2日目

01 イリュージョニスタ! / 全員
02 Snow Wings / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、山下七海、長島光那
03 追い風Running / 中島由貴
04 アツアツ♪マカロニグラタン / 種﨑敦美
05 Sunshine See May / 高田憂希、鈴木みのり
06 楽園 / 会沢紗弥
07 あんきら!?狂騒曲 / 五十嵐裕美、松嵜麗
08 Snow*Love / のぐちゆり、山下七海、高田憂希、朝井彩加、田辺留依
09 Starry-Go-Round / 全員
10 朗読劇(Coolパート)
11 きらりんロボのテーマ / 松嵜麗、長島光那、牧野由依、種﨑敦美
12 あんずのうた / 五十嵐裕美、高橋花林
13 おんなの道は星の道 / 花井美春
14 Sparkling Girl / 青木瑠璃子
15 Treasure☆ / 五十嵐裕美、松嵜麗、鈴木絵理、和氣あず未、のぐちゆり
16 ラブレター / 大橋彩香、津田美波、種﨑敦美
17 朗読劇(Cuteパート)
18 はにかみdays / 大橋彩香
19 冬空プレシャス / 和氣あず未、高橋花林、武田羅梨沙多胡、中島由貴、松田颯水
20 この空の下 / 会沢紗弥、鈴木みのり、花井美春
21 ツインテールの風 / 津田美波、大空直美、鈴木絵理、長島光那、山下七海
22 マイ・スイート・ハネムーン / 牧野由依
23 With Love / 種﨑敦美、中島由貴、松嵜麗、朝井彩加、高田憂希
24 恋が咲く季節 / 原紗友里、鈴木みのり、田辺留依、武田羅梨沙多胡、牧野由依、花井美春、会沢紗弥、大空直美
25 朗読劇(Passionパート)
26 Frozen Tears / 渕上舞
27 モーレツ★世直しギルティ! / 鈴木絵理、和氣あず未、のぐちゆり
28 Love∞Destiny / 牧野由依、渕上舞、津田美波、青木瑠璃子、大空直美
29 Nation Blue / 田辺留依、長島光那
30 Neo Beautiful Pain / 松井恵理子
31 ∀NSWER / 朝井彩加、高橋花林、松田颯水
32 Trinity Field / 福原綾香、渕上舞、松井恵理子
33 流れ星キセキ / 大橋彩香、福原綾香、原紗友里
34 always / 全員
35 Stage Bye Stage / 全員
36 GOIN’!!! / 全員
37 お願い!シンデレラ / 全員

見どころ

シンデレラ単独初ドームライブ

シンデレラガールズにとっては記念すべき初ドームライブとなった。

しかもナゴヤドームでの開催はアイマス史上初ということもあり、そうした意味でも記念すべきライブとなった。

アイドルのキャストは増加の一途を辿り、デレステのユーザーも増加の一途を辿っている時期であったため、ブランドとしての成長曲線がよく表れているライブになったと言っていいだろう。

アイマス史上過去最多となる全67名のキャストが出演

会場規模も過去最大なら出演者数も過去最大となった。

初出演組も含め総勢67名が4公演のどこかで出演するという、アイドルが多数いるシンデレラらしい豪華なライブとなった。

しかも全員が個別衣装で登場し(4thライブ出演組は4thライブのときの衣装と同じ)、各公演すべてに約30人が並ぶ風景は壮観ここに極まれりといった感じである。

絢爛豪華なステージ・演出

会場規模、出演者数、に負けず劣らず豪華であったのがステージ演出だ。

ステージの意匠は本当の遊園地のような豪華さで、映像演出、照明演出もかなり凝っていた。

特にナゴヤドームでは、完全な密閉型ドームであったことからその特徴を生かしてドームの天井や壁面にも照明演出を多く施していた。「流れ星キセキ」と「ラブレター」での演出は印象深い。

また、トロッコも豪華であった。メットライフドームは普通のトロッコ(人力で移動)であったが、ナゴヤドームでは人力ではないクレーン車によるゴンドラのようなトロッコ?を使用し、かなり豪華であった。

シンデレラガールズというブランドはアイマスの中でも絢爛豪華な特長を持つブランドであるということがよく伝わってきた。

多様な楽しみ方が可能なライブ

大きな会場、多くの出演者、豪華な演出、が特徴的なこの6thライブだが、それにより参加するファン(プロデューサー)にとっては多様な楽しみ方を味わえるライブになったと言っていいだろう。

好きな曲を楽しむこと、好きなユニットが揃ったことを楽しむこと、初披露曲を楽しむこと、二度とない組み合わせによるステージパフォーマンスを楽しむこと、初めてアイマスライブに登場するキャストのステージを楽しむこと、ドームを使ったライブそのものを楽しむこと、etc。

シンデレラはアイマスの中でも幅広い顧客層がおり、ニーズも多様化していると思われるが、それにうまく対応していた6thライブだったように思う。

それぞれがそれぞれの視点で楽しみ方を見つけることができ、実際にそれを満たす時間がある。そんなライブになっていたのではないだろうか。

new generations

この6thライブは、ステージでの個々のキャストやアイドルのドラマよりもステージ全体・ライブ全体の豪華さに魅了されるライブであったと言えるかもしれないが、ニュージェネの3人にだけはアイマスらしいドラマを感じることができる。

シンデレラガールズは絢爛豪華な会場と演出で多くの出演者による大規模なライブを行うのが似合うブランドになってきている。

そうした中では、一人ひとり、一曲一曲の成長・ドラマより、ライブ披露が追い付かないほどの数の楽曲を、一期一会のメンバーで歌うということが重視される。

これは、シンデレラの他のアイマスブランドとのライブにおける最も大きな違いであり魅力である。

そうした中、”アイマス”のDNAを唯一守っているのがニュージェネの3人である。

この6thライブでは記念すべき初単独ドームライブということもあり、3人のみ唯一全公演に出演したが、このライブでもアイマスキャストらしい成長を見せてくれた。

3人で歌った曲は、メットライフドーム1日目での「STORY」、同2日目での「Absolute Nine」、ナゴヤドーム2日目での「流れ星キセキ」だけであったが、しっとりした「STORY」、カッコよくクールな「Absolute Nine」、可愛さ・カッコよさ・明るさ・前向きさといったニュージェネのすべてが詰まった「流れ星キセキ」を、堂々と披露してくれたのだ。しかもそれぞれの曲に合わせた表情を大きな会場中に振りまきながら。

ドームライブ全公演出演のセンターユニットということで、これまで以上に重圧もあったはずだが、大きな会場にも関わらず、こうした表情ができるのは、まだまだこの3人が成長しているということの証だろう。

この3人の表情や雰囲気が他のキャストにも伝播し、ステージに伝播し、客席に伝播していたかのようだった。皆がリラックスして純粋にライブを楽しむことができたのは間違いなくこの3人の存在とパフォーマンスがあったからだろう。

ブランド自体は激動の熱い時代を経てある意味安定期に入っており、キャストも増え続ける中キャスト・アイドル一人ひとりにフォーカスが当たる機会は減ってきている。それが昨今のシンデレラガールズである。

幅広いファン・ユーザー・プロデューサーのニーズを適切にくみ取った結果であるため、それは当然の流れではある。だからこそブランドの拡大が続き、今回のようにコスト面でも豪華なライブができたということは想像に難くない。

しかし、だからこそ、ニュージェネの3人にだけは765ASの先輩が紡いできたアイマスの伝統を守り続けて欲しいと強く思う。これからも新たな経験をしてもらい、その中で様々な成長を果たし、その成長のドラマを我々プロデューサーに見せ続けて欲しい。

それはきっとブランドの成長とイコールのはずだからだ。

工夫されていたMC

MCが工夫されていた点も印象深い。

朗読劇形式で出演者全員に発言の機会を均等に配分し、最後の挨拶はニュージェネの3人が属性ごとにまとめるかたちで行われた。

これだけの人数がMCをすると収集がつかなくなり時間も冗長になることは間違いなく、個人的には良い工夫だと感じた。

MCは初めて会った(あるいはそれに近い)キャスト同士も多いだろうし、そうするとなかなか面白いMCはアドリブではできなくなる。今回の最初からアイドルとしての台本ありきでの朗読劇形式はこれをカバーするものであったと感じる。

挨拶についても、不満を覚えるプロデューサーもいたかもしれないが、30人がいつもの調子で挨拶したらかなり冗長な時間の使い方になってしまう。だからといって結局一言(本当に一言)ずつにするなら一人ずつ挨拶する意味も乏しくなる。そういう意味では今回の代表挨拶形式は適切な方法だったと感じる。

今後もこの形式は活用されて然るべきではないだろうか。

【関連記事】