アイマスステラステージの魅力や面白さをわかりやすく解説する(アイマス歴史紹介㊸)

アイマスステラステージの魅力や面白さをわかりやすく解説する(アイマス歴史紹介㊸)

※画像はアイドルマスターステラステージ公式サイトより

【関連記事】

Advertisement

概要

2017年12月21日に発売されたアイドルマスターシリーズのPS4用ソフト2作目。

内容は765プロに所属する13人のアイドルのアイドルプロデュースゲーム。

基本的な内容や機能は、前作「プラチナスターズ」と同じ。

アプリゲームは毎回アップデートが行われ、曲や機能が追加されていくが、それを据え置き用ゲームでやるとすると本作のように前作の後継作としての新作パッケージ発売ということになると思われる。

なお、こうした新作パッケージ発売については、シンデレラ、ミリオン、SideMはアプリで、765ASは据え置き用ゲームで、というブランドごとの展開の棲み分けがなされていることが理由にあると思われる。

Advertisement

魅力・面白さ

シチュエーションが初期アイマスと同じに

プレイヤーキャラクターであるプロデューサーが弱小アイドル事務所765プロダクションに所属する春香たちをプロデュースしトップアイドルを目指すという、初期アイマスシリーズのゲームと同じシチュエーションになっている。

そのため、往年のファン(プロデューサー)にとっては、懐かしい雰囲気を至るところで感じることができる作品になっている。

ただ、一点違うのが、トップアイドルを目指すということがゲームの目標としては明言されておらず、その代わり”ステラステージ”という夢のライブステージの開催が目標ということが明言されている点。

シチュエーションは同じだが、個々のアイドルが自分だけがその地位に立てるトップアイドルを目指すのではなく、765プロ全員で最高のライブを開催し夢をかなえるということがゴールになっている。

新機能「コーチングポイント」

前作「プラチナスターズ」と機能面での唯一の違いは「コーチングポイント」。

ライブでためたポイントを使ってアイドルのスキルなどを解放していくというもの。アイマス全体では既に似たような機能を実装しているゲームはあるが、PS4用ソフトでは初めて。

なんだかんだ、ポイントをためてパネル形式でのスキルなどの解放はゲームにはまってしまう要素の一つだ。

新曲実装

アイマスゲーム最大の魅力は最終的にはこれに尽きると言っていいだろう。

素晴らしい曲を可愛いアイドルたちが3Dで歌って踊るというものだ。

3Dモデルは前作プラチナスターズと同じだが、このゲーム専用の新曲は全部で6曲実装されている。

どれも良曲揃いであるため必見・必聴だ。

・ToP!!!!!!!!!!!!!

・shy→shining

・Vertex Meister(※有料ダウンロードコンテンツ)

・星彩ステッパー(※有料ダウンロードコンテンツ)

・そしてぼくらは旅にでる(※有料ダウンロードコンテンツ)

・Blooming Star(※ライバルアイドル専用曲)

前作「プラチナスターズ」の楽曲がそのまま使用可能

プラチナスターズで実装されていた曲がそのまま本作でも使用可能になっている。

プラチナスターズの有料ダウンロードコンテンツで購入した楽曲もそのまま引き継いで使用可能となっている。

13人ライブ(MV)の対象となる楽曲もそのまま13人ライブ(MV)で使えるのでご安心を。

新キャラ登場

このゲームでも765プロのライバルアイドルとして新キャラが登場している。

961プロ所属の詩花だ。

この詩花には、今までのライバルキャラにはない面白いプロフィールがある。なんと961プロの社長である黒井社長の娘なのだ。

アイマスの初期からライバル事務所の社長として登場していた黒井社長の家族が遂に登場しており、アイマスの世界がさらに深く掘り下げられている。

【関連記事】