アイマスOFAの魅力や面白さをわかりやすく解説する(アイマス歴史紹介⑰)

アイマスOFAの魅力や面白さをわかりやすく解説する(アイマス歴史紹介⑰)

※画像はアイドルマスターワンフォーオール公式サイトより

アイドルマスター史上最も面白いゲームとして評判の高い「アイドルマスター ワンフォーオール」(ワンフォーオールを英語表記で略して「OFA」)。

ここでは、その概要や魅力、面白さをわかりやすく紹介・解説したいと思います。

アイマスを好きでありながら未プレイの方、最近アプリゲームなどでアイマスに触れるようになったものの未プレイの方、などには特に遊んでほしいゲームです。

PS3用ソフトだと侮ることなかれ。アイマスの魅力に満ち満ちているゲームです。

プレイして絶対損はありません!

【関連記事】

Advertisement

概要

2014年5月15日にPS3用ソフトとして発売。

ジャンルは、アイドルプロデュースゲーム。プレイヤーはアイドル事務所765プロダクションのプロデューサーとなり、駆け出しのアイドルたちを仕事(営業)、レッスン、ライブ、オーディション、フェスなどを通して一人前のアイドル、トップアイドルに育てていく。

レッスンではミニゲームをクリアし、オーディションやライブ、フェスでは音ゲーをクリアし、仕事ではコミュニケーション選択をしながら、アイドルのパラメーターを上げ、ファンを獲得していき、その過程でアイドルと親密になっていくというゲーム。

内容的にはそれまでに発売されたゲームである「アイドルマスター」「アイドルマスター2」の後継ゲームであるがシナリオ的な繋がりはない。

Advertisement

魅力・面白い点

765アイドル13人全員の同時プロデュースが可能

これまでのゲームでは誰かが登場していなかったり、誰かがライバルキャラになったりと、13人全員のプロデュースをできるゲームはなかった。それが初めてかなったのがOFA。

しかも1プレイで1人しかプロデュースできないというこれまでの制限もなくなり、全員を同時並行でプロデュースすることが可能になった。

なお、全員同時にプロデュースが可能と言っても目当てのアイドル(担当アイドル)をリーダーにすることで適宜プロデュースに差をつけることが可能となっている。いわば、全員同時型プロデュース活動と担当アイドル専念型プロデュース活動の両方のプレイが可能となっており一挙両得とも言えるゲームシステムになっている。

時間制限は無制限

「アイドルマスター2」までは1年など期限があった中でアイドルを有名にしていくというプロデュースゲームであったが、OFAではその時間制限がなくなった。

つまり、時間無制限でやり込めるようになったのである。

無制限になったことで時間制限付きのときのような難しさはなくなりゲーム性は落ちたと言えるかもしれないが、その変わり時間制限ありのときのようなストレスもなくなった。いわゆるやり込みプレイが可能になった。

膨大な楽曲数・衣装数・アイテム数

楽曲は、初期のアーケード版のものから、各家庭ゲーム機用ソフトで実装された楽曲、アニメ・劇場版の新曲と過去類を見ないほど多くのものが揃っており、音ゲーやMVが楽しめる。

アイマスは曲数が多いためこれでももちろん一部だが、OFAまでに発売された各ゲームで実装されたメイン曲、アニメ・劇場版のメイン曲はすべて網羅されており、多くのプレイヤーが満足するラインナップとなっている。

OFAからの新曲やゲスト曲も数多く用意されている。

13人全員曲の新曲である「ONLY MY NOTE」や「Destiny」に加え、765アイドルの各新ソロ曲、さらにはゲスト曲としてディアリースターズ3人勢ぞろいバージョンの”HELLO”、シンデレラ・ミリオンから各6名分のソロ曲などが用意されている。(※新ソロ曲とゲスト曲は有料ダウンロードコンテンツ)

衣装数やアイテム数も過去最大で、衣装に至ってはこれまでのゲームで実装された衣装はほぼすべて網羅されており、それらに加え新たなカラーリング衣装や特別衣装も数多く用意されている。定番とも言える学校の制服衣装や水着衣装でさえ、それぞれ5種以上のものが用意されている。

楽曲と衣装、そしてアイドルの組み合わせは膨大に存在し、ゲームをやり込める重要な要素となっている。

複数の13人全員MV

「自分REST@RT」「M@STERPIECE」「ラムネ色青春」「虹色ミラクル」「Thank You!」、新曲「ONLY MY NOTE」や同じく新曲の「Destiny」など複数の曲で13人全員が歌って踊るMVが実装されている。

このゲームの発売まではシャイニーフェスタの「MUSIC♪」など13人全員のMVは数えるくらいしかなかったが、OFAでは一気に増えている。

13人がそれぞれの個性をもって揃って歌って踊る姿には感動と興奮が止まらなくなる。

特に「Destiny」は「M@STERPICE」同様、アイマス・765にとっての一つの集大成曲となっており、涙腺が刺激される一曲に仕上がっている。

他ブランドも含めまさに「ワンフォーオール」である。

876・シンデレラ・ミリオン曲の実装

876プロからは3人揃っての“HELLO!!”が遂に実装された。

シンデレラからは卯月・凛・未央・蘭子・杏・楓が参戦。それぞれのソロ曲に加え、卯月・凛・未央(new generations)の歌うアニメオープニング「STAR!!」なども実装された。

ミリオンからは未来・静香・翼・星梨花・可奈・奈緒が参戦。それぞれのソロ曲が実装された。

13人全員に専用新ソロ曲実装

765のアイドル全員に専用の新ソロ曲が実装された。

それぞれ、アイドルの個性にマッチした素晴らしい楽曲に仕上がっている。

すべて有料ダウンロードコンテンツであるが、お金を払ってMVを見るに値する。

すべて素晴らしいが、特に春香の「ステキハピネス」は最高の出来。春香がこの曲を歌って踊る姿は、言葉にできないほど春香の可愛らしさと魅力が溢れている。

多くの良質なシナリオエピソード

有料のダウンロードコンテンツも含めてということになるが、とにかく用意されているシナリオエピソードも多い。アイドルがレベルアップしていき、その過程でプレイヤーであるプロデューサーとアイドルが親密になっていくという物語がメインシナリオだが、それ以外のサブシナリオがかなり多く用意されている。

特に特徴的なのは、13人全員が登場する共通シナリオがあること。これまでゲームではプレイヤーであるプロデューサーとアイドルの1対1の関係のみのシナリオエピソードだけであったが、OFAではアイドル同士の絡みも含めたシナリオエピソードも用意されている。

これは、テレビアニメや劇場版を経て、アイマスに興味を持ったファン層のニーズを満たすという意味もあるのだろうが、ゲームタイトルとなった「ワンフォーオール」の名前の通りのコンセプトを示すものでもあるのだろう。

なお、各アイドルごとの追加ソロシナリオも有料ダウンロードコンテンツで用意されているが、有料だけあってかなり素晴らしい内容になっている。メインシナリオより恋愛色強めとなっており、全プロデューサーにとって担当アイドルのシナリオは身もだえ不可避である。

玲音初登場

今回のライバルキャラは961プロダクションの玲音。かなりカッコいい実力派カリスマアイドルであり765アイドルたちの強大なライバルとなっている。

専用の新曲も2曲用意されている。

【関連記事】