SideM3rdライブのセトリや見どころなど(アイマス歴史紹介㊺)

SideM3rdライブのセトリや見どころなど(アイマス歴史紹介㊺)

【関連記事】

Advertisement

概要

タイトル

THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR 〜GLORIOUS ST@GE!〜

公演日・会場

2018年2月3日・4日 幕張公演(幕張メッセイベントホール)

2018年2月24日・25日 宮城公演(ゼビオアリーナ仙台)

2018年3月25日 福岡公演(西日本総合展示場)

2018年4月28日・29日 静岡公演(エコパアリーナ)

出演者

[幕張公演(1日目)]仲村宗悟、内田雄馬、八代拓、伊東健人、榎木淳弥、中島ヨシキ、狩野翔、天﨑滉平、古川慎、児玉卓也、小林大紀、永野由祐、土岐隼一、笠間淳、汐谷文康、駒田航、寺島拓篤、神原大地、松岡禎丞、梅原裕一郎、堀江瞬、高塚智人、野上翔、千葉翔也、白井悠介、永塚拓馬、渡辺紘、山谷祥生、菊池勇成、バレッタ裕、山下大輝、中田祐矢、熊谷健太郎、濱健人、増元拓也、益山武明、深町寿成、寺島惇太、小松昌平、濱野大輝、矢野奨吾、古畑恵介、村瀬歩、三瓶由布子、徳武竜也、浦尾岳大

[幕張公演(2日目)]仲村宗悟、内田雄馬、八代拓、伊東健人、榎木淳弥、中島ヨシキ、狩野翔、天﨑滉平、古川慎、児玉卓也、小林大紀、永野由祐、土岐隼一、笠間淳、汐谷文康、駒田航

[宮城公演(1日目)]野上翔、千葉翔也、白井悠介、永塚拓馬、渡辺紘、山谷祥生、菊池勇成、寺島惇太、小松昌平、濱野大輝、矢野奨吾、古畑恵介、村瀬歩、三瓶由布子、徳武竜也、浦尾岳大、益山武明、深町寿成

[宮城公演(2日目)]野上翔、千葉翔也、白井悠介、永塚拓馬、渡辺紘、山谷祥生、菊池勇成、寺島惇太、小松昌平、濱野大輝、矢野奨吾、古畑恵介、村瀬歩、三瓶由布子、徳武竜也、浦尾岳大、熊谷健太郎、濱健人、増元拓也

[福岡公演]堀江瞬、高塚智人、伊東健人、榎木淳弥、中島ヨシキ、狩野翔、天﨑滉平、古川慎、児玉卓也、小林大紀、寺島惇太、小松昌平、濱野大輝、矢野奨吾、古畑恵介、村瀬歩、笠間淳、汐谷文康、駒田航

[静岡公演(1日目)]仲村宗悟、内田雄馬、八代拓、菊池勇成、熊谷健太郎、濱健人、増元拓也、益山武明、永野由祐、土岐隼一、山谷祥生、バレッタ裕、中田祐矢、深町寿成、狩野翔、天﨑滉平、古川慎、児玉卓也、小林大紀

[静岡公演(2日目)]仲村宗悟、内田雄馬、八代拓、菊池勇成、熊谷健太郎、濱健人、増元拓也、益山武明、永野由祐、土岐隼一、野上翔、千葉翔也、白井悠介、永塚拓馬、渡辺紘、伊東健人、榎木淳弥、中島ヨシキ、笠間淳、汐谷文康、駒田航

Advertisement

ライブレポート

セットリスト

アニメSideM終了後初めての周年ライブということでもあり、アニメ発の新曲を含めた周年ライブ初披露曲の多いライブとなった。

また、SideM初のツアーライブということもあり、全アイドルキャストの出演がかなったという意味でもメモリアルなライブとなった。

■幕張1日目

M01 DRIVE A LIVE / 全員
M02 STARLIGHT CELEBRATE! / DRAMATIC STARS
M03 TOMORROW DIAMOND / Beit
M04 Reversed Masquerade / Café Parade
M05 バーニン・クールで輝いて / 神速一魂
M06 桜彩 / 彩
M07 Over AGAIN / Jupiter
M08 Study Equal Magic! / S.E.M
M09 JOKER➚オールマイティ / High×Joker
M10 情熱…FIGHTER / THE 虎牙道
M11 Tone’s Destiny / Altessimo
M12 Symphonic Brave / Legenders
M13 カレイド TOURHYTHM / Jupiter、W
M14 Fun! Fun! Festa! / Beit
M15 夢色VOYAGER / F-LAGS
M16 もっふいんざ・ぼっくす♪ / もふもふえん
M17 AFTER THE RAIN / W
M18 MISSION is ピースフル! / FRAME
M19 夏時間グラフィティ / Beit、High×Joker、W
M20 流星PARADE / DRAMATIC STARS、S.E.M、Jupiter
M21 From Teacher To Future! / S.E.M
M22 Sunset★Colors / High×Joker
M23 Alice or Guilty / Jupiter
M24 BRAND NEW FIELD / Jupiter
M25 ARRIVE TO STAR / DRAMATIC STARS
M26 Reason!! / 全員
M27 Beyond The Dream / 全員
M28 GLORIOUS RO@D / 全員
M29 DRIVE A LIVE / 全員

■幕張2日目

M01 Reason!! / 全員
M02 Reversed Masquerade / Café Parade
M03 Symphonic Brave / Legenders
M04 Tone’s Destiny / Altessimo
M05 サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday / S.E.M
M06 MOON NIGHTのせいにして / DRAMATIC STARS
M07 A CUP OF HAPPINESS / 狩野翔(with 笠間淳、駒田航)
M08 Café Parade! / Café Parade
M09 Echoes My Note / 永野由祐
M10 The 1st Movement 〜未来のための二重奏〜 / Altessimo
M11 String of Fate / Legenders
M12 ∞ Possibilities / S.E.M
M13 Never end「Opus」 / Altessimo
M14 DRAMATIC NONFICTION / DRAMATIC STARS
M15 À La Carte FREEDOM♪ / Café Parade
M16 Legacy of Spirit / Legenders
M17 THIS IS IT! / 榎木淳弥(with 仲村宗悟、小林大紀)
M18 From Teacher To Future! / S.E.M(with 土岐隼一、天﨑滉平、古川慎)
M19 ARRIVE TO STAR / DRAMATIC STARS
M20 流星PARADE / DRAMATIC STARS、S.E.M
M21 Eternal Fantasia / Café Parade、Altessimo、Legenders
M22 Beyond The Dream / 全員
M23 GLORIOUS RO@D / 全員
M24 DRIVE A LIVE / 全員

■宮城公演1日目

M01 Reason!! / 全員
M02 夏時間グラフィティ / High×Joker、W
M03 バーニン・クールで輝いて / 神速一魂
M04 RAY OF LIGHT / THE 虎牙道
M05 うぇるかむ・はぴきらパーク! / もふもふえん
M06 夢色VOYAGER / F-LAGS(with 益山武明、深町寿成)
M07 “W”onderful Tactics! / 山谷祥生(with 矢野奨吾、古畑恵介)
M08 “W”orldwide Ambitions! / 菊池勇成(with 小松昌平、徳武竜也)
M09 HANAMARU LIFE / 浦尾岳大(with 野上翔、千葉翔也)
M10 伝えたいのはこんなきもち / もふもふえん
M11 ♡Cupids! / F-LAGS
M12 ナツゾラRecords / 渡辺紘
M13 Genuine feelings / 永塚拓馬
M14 Sunset★Colors / High×Joker
M15 強く尊き獣たち / THE 虎牙道
M16 ROAD TO THE FUTURE / 濱野大輝
M17 いつかこの瞬間に名前をつけるなら / High×Joker、W
M18 漢一貫ロックンロール / 益山武明
M19 威風堂々と / 深町寿成
M20 RIGHT WAY, SOUL MATE / 神速一魂
M21 AFTER THE RAIN / W
M22 PRECIOUS TONE / 千葉翔也
M23 HIGH JUMP NO LIMIT / High×Joker
M24 Beyond The Dream / 全員
M25 GLORIOUS RO@D / 全員
M26 DRIVE A LIVE / 全員

■宮城公演2日目

M01 Reason!! / 全員
M02 RAY OF LIGHT / THE 虎牙道
M03 LEADING YOUR DREAM / W
M04 ♡Cupids! / F-LAGS
M05 Swing Your Leaves / FRAME
M06 OUR SONG -それは世界でひとつだけ- / High×Joker
M07 伝えたいのはこんなきもち / もふもふえん
M08 新世代ワールド・ビッグスター! / 古畑恵介
M09 青春!サティスファクション / 白井悠介
M11 JOKER➚オールマイティ / High×Joker
M12 ハートフル・パトローラー / 熊谷健太郎
M13 もっふ・いんざぼっくす♪ / もふもふえん
M14 …掲げよう、偽りなき自分を。 / 徳武竜也
M15 羽ばたきのMy Soul / 三瓶由布子
M16 With…STORY / F-LAGS
M17 夏時間グラフィティ / High×Joker、W
M18 RULE 〜牙ヲ穿テヨ〜 / 小松昌平(with 菊池勇成、熊谷健太郎)
M19 その場所へ行くために-KEEP ON FIGHTING- / 寺島惇太
M20 情熱…FIGHTER / THE 虎牙道
M21 いつかこの瞬間に名前をつけるなら / High×Joker、W
M22 VICTORY BELIEVER / W
M23 勇敢なるキミヘ / FRAME
M24 Compass Gripper!!! / FRAME、F-LAGS、もふもふえん
M25 Beyond The Dream / 全員
M26 GLORIOUS RO@D / 全員
M27 DRIVE A LIVE / 全員

■福岡公演

M01 Reason!! / 全員
M02 From Teacher To Future! / S.E.M(with 狩野翔、天﨑滉平、古川慎)
M03 うぇるかむ・はぴきらパーク! / もふもふえん
M04 Café Parade! / Café Parade
M05 Symphonic Brave / Legenders
M06 強く尊き獣たち / THE 虎牙道
M07 魔法のステアー / 堀江瞬
M08 Cherish BOUQUET / 高塚智人
M09 Fun! Fun! Festa! / Beit(with 寺島惇太、小松昌平、濱野大輝)
M10 Piece Montee / 天崎滉平
M11 ほっぷ・すてっぷ・ハイ、しーぷ! / 矢野奨吾
M12 もっふ・いんざぼっくす♪ / もふもふえん
M13 Secret! Playful! Drive! / S.E.M
M14 フェイバリットに踊らせて / 小林大紀(with 堀江瞬、高塚智人)
M15 ワンホール=ワンダーランド! / 児玉卓也
M16 Reversed Masquerade / Café Parade
M17 Sweep Your Gloom / 笠間淳(with 榎木淳弥、中島ヨシキ)
M18 Flowing Freedom / 汐谷文康
M19 Legacy of Spirit / Legenders
M20 RAY OF LIGHT / THE 虎牙道
M21 ∞ Possibilities / S.E.M
M22 Learning Message / 伊東健人
M23 スマイル・エンゲージ / Beit
M24 エウレカダイアリー / Beit、S.E.M
M25 Beyond The Dream / 全員
M26 GLORIOUS RO@D / 全員
M27 DRIVE A LIVE / 全員

■静岡公演1日目

M01 Reason!! / 全員
M02 VICTORY BELIEVER / W
M03 勇敢なるキミへ / FRAME
M04 Tone’s Destiny / Altessimo
M05 RIGHT WAY,SOUL MATE / 神速一魂
M06 À La Carte FREEDOM♪ / Café Parade
M07 STARLIGHT CELEBRATE! / DRAMATIC STARS
M08 ぴんとこな 〜蝶よ華よ〜 / バレッタ裕(with 狩野翔、小林大紀)
M09 流るゝ風の如く 〜和敬清寂〜 / 中田祐矢
M10 桜彩 / 彩
M11 我が混沌のサバト・マリアージュ / 古川慎(with 山谷祥生、熊谷健太郎)
M12 Reversed Masquerade / Café Parade
M13 The 1st Movement 〜未来のための二重奏〜 / Altessimo
M14 冬の日のエトランゼ / DRAMATIC STARS
M15 Swing Your Leaves / FRAME
M16 Happy-Go-Unlucky! / 濱健人
M17 GO AHEAD SMILE! / 増元拓也(with 益山武明、深町寿成)
M18 LEADING YOUR DREAM / W
M19 MOON NIGHTのせいにして / DRAMATIC STARS
M20 笑顔の祭りにゃ、福来る / 彩、神速一魂
M21 喝彩!〜花鳥風月〜 / 彩
M22 バーニン・クールで輝いて / 神速一魂
M23 Beyond The Dream / 全員
M24 GLORIOUS RO@D / 全員
M25 DRIVE A LIVE / 全員

■静岡公演2日目

M01 Reason!! / 全員
M02 HIGH JUMP NO LIMIT / High×Joker
M03 Study Equal Magic! / S.E.M
M04 MOON NIGHTのせいにして / DRAMATIC STARS
M05 Legacy of Spirit / Legenders
M06 Tone’s Destiny / Altessimo
M07 Swing Your Leaves / FRAME
M08 Undiscovered WORLD / 古論クリス
M09 Brave / Legenders
M10 Never end「Opus」 / Altessimo
M11 Sanctuary World / 土岐隼一
M12 GOLD 〜No.79〜 / 中島ヨシキ(with 笠間淳、汐谷文康)
M13 サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday / S.E.M
M14 夜空を煌めく星のように / DRAMATIC STARS、High×Joker
M15 永遠なる四銃士 / 仲村宗悟、熊谷健太郎、笠間淳、益山武明
M16 トレジャー・パーティ! / 濱健人、白井悠介、菊池勇成
M17 サイコーCOUNT UP! / 野上翔(with 増元拓也、益山武明、榎木淳弥)
M18 Sunset★Colors / High×Joker
M19 勇敢なるキミへ / FRAME
M20 約束はドリーミングフライト / 八代拓(with 永野由祐、菊池勇成)
M21 Because / 内田雄馬
M22 THE FIRST STAR / 仲村宗悟
M23 ARRIVE TO STAR / DRAMATIC STARS
M24 Beyond The Dream / 全員
M25 GLORIOUS RO@D / 全員
M26 DRIVE A LIVE / 全員

見どころ

SideM初の全国ツアー&全46人勢ぞろいのメモリアルライブ

SideM初の全国ツアーとなったこのライブ。

全ユニット、全アイドルキャストのパフォーマンスが十分に楽しめるライブとなった。

アプリゲーム、テレビアニメというコンテンツ、ブランドとして最も顧客獲得のブーストのかかる展開の直後の周年ライブということで、その勢いを意識した結果こういうかたちでの豪華なライブになったということだろう。

その通りかなり豪華であった。

特に、この3rdライブの初日である幕張公演1日目は、全46人のキャストが全員勢ぞろいして同じステージに立つというアイマスの歴史に残る豪華さとなった。

SideMブランドの展開方針として、他のアイマスブランドとは違い、男性アイドルブランドらしく一歩一歩の歩幅を大きくしていくというものがあることが知られているが、この3rdライブでもそれが表現されていた。

通常なら幕張公演1日目はツアー最終公演で行うところを初日に持ってきている。最もブランドの展開方針を象徴している出来事だろう。

シンデレラもミリオンも4thライブでソーシャルゲームからアニメにかけてのいわばブランド展開の第一期とも言うべき期間のフィナーレを迎えているが、SideMは3rdライブの初日でそれを終えていると言えるからだ。

他の男性アイドルコンテンツに追いつき追い越すために、出し惜しみすることなく、常に可能な限り早く、前へ前へと展開を推し進めている印象だ。

初日でアニメまでのフィナーレを迎え、以降は全国に直接出向き、アイドルやキャスト、ブランドの魅力を広げていく活動に移行している。アニメで認知度の上がった状態を利用しての進め方だと思うが、やはりアイマスにしては歩幅の大きい印象である。

今後、この勢いを大事にしつつブランドとして息切れしないようにするためには、ファン(プロデューサー)の応援(プロデュース活動)は必須である。

SideMを愛するプロデューサー、特にメインユーザー層である女性プロデューサーにはぜひ長く変わらず大きな声援を送りプロデュース活動を盛り上げてもらいたいところだ。

幕張公演1日目

この3rdライブ最大の見どころはやはり初日公演である幕張公演1日目だ。

46人がステージ上に所せましと並ぶ姿は女性より身体も大きいということもあり壮観というより圧巻である。

アニメのオープニング「Reason!!」と最終回ソング「GLORIOUS RO@D」を46人全員で歌う姿はまさに圧巻である。

すべてのパフォーマンスがメモリアルだったが、その中でも、この2曲は多くの人が忘れることのできないパフォーマンスだったと言えるだろう。

特に「Reason!!」は”理由(ワケ)あって”というブランドコンセプトのすべてが表現されている楽曲であり、これ以上この46人が歌うのに相応しい曲はない。

見る人すべてが、ただただ圧倒され、SideMのすべて、315プロのすべて、を感じることのできる至福の時間となったはずだ。

Jupiter

幕張公演初日のみの出演となったが、それで十分だった。

披露したユニット専用曲は、アニメ発の新曲「Over AGAIN」と「Alice or Guilty」「BRAND NEW FIELD」の3曲である。

いずれも忘れられないパフォーマンスとなったが、なんと言っても最大の見どころは「Alice or Guilty」だ。

遂に、遂に、完全体での「Alice or Guilty」が披露された。

この曲は、ゲーム「アイドルマスター2」で2011年に登場したJupiterのデビュー曲である。

制作サイドとしては、SideMのアニメ0話でも流れた曲であることから、昔を知らないプロデューサーも多くいるこの3rdライブのセトリに加えてもおかしくないと判断したのかもしれない。あるいは昔から待っているプロデューサーに披露するにはここしかないとここのセトリに加えたのかもしれない。

この曲は、これまでメドレーコーナーで765アイドルのキャストなどが歌ったことがあるだけであった。

さすがというか当然というか、Jupiterによるステージパフォーマンスは至高であった。

ようやく披露できたという思いだろうか、3人の曲にかける情熱がステージパフォーマンスから強烈に伝わってきた。

見てる我々も心が震える瞬間となった。

また、その直後の「BRAND NEW FIELD」への流れも「Alice or Guilty」のドラマを盛り上げた。

アニメ0話の流れをトレースした演出・セトリではあるが、Jupiterが961プロで出会いトップまで上り詰めつつも一から再スタートをきるという物語性、その再スタートはこれまでのJupiterにはない新しい境地でのチャレンジであるという物語性を強く感じることができる。

3人のステージでの熱の入った表情は忘れることはできない。

冬馬役の寺島さんの大量に流れる汗がすべてを物語っていたのではないだろうか。

DRAMATIC STARS

センターユニットのドラスタは、この3rdライブでもしっかりとセンターとしての輝きを放った。

特に、初日(幕張公演1日目)でのアニメ曲、最終日(静岡公演2日目)でのラストソロコーナーは素晴らしかった。

DRAMATIC STARSがいてこそのSideMであるということを皆にしっかりと根付かせることになったライブになったと言ってもいいかもしれない。

これからも、しっかりとした存在感、安定した輝きに加え、どんどん新たな可能性を見せていってほしい。

それがブランドの成長にも直結するはずだからだ。

2ndライブ初参加組の存在感

2ndライブから周年ライブに登場したユニット、アイドルのパフォーマンスと存在感がかなりパワーアップしていた。

アニメ後のライブということでアニメ登場組(1stライブ出演組)がメインのライブになるかとライブ前に思っていたプロデューサーも多かったと思うが、蓋を開けてみれば、アニメで登場しなかった(モブゲストキャラとしての登場のみ)2ndライブ初参加組のパフォーマンスがかなり目立っていた。

アニメ組の勢いに負けまいとしていたのか、彼らにとっての1stライブとも言うべき2ndライブの熱が持続していたのか、その両方かはわからないが、すべてのユニットが心に残るパフォーマンスを披露してくれた。

アニメで活躍せず残念に思っていた各ユニットの担当プロデューサーにとっては大満足の3rdライブになったのではないだろうか。

中でも、Café ParadeとTHE 虎牙道は特に強い印象を残してくれたように思う。

SideMは全ユニットとも個性はバラバラでそれぞれキャラクターは立っている状態ではあるが、この二組はその中でも特にユニットとしてステージでの世界観をつくれている印象だ。

Café Paradeのオシャレな力強さと不思議なユーモア、THE 虎牙道の純粋に見ていて楽しいキレキレなスピーディーさは担当プロデューサーでなくてもブルーレイで一見の価値ありだ。

【関連記事】