久保建英マッチレポート U24日本代表VSU24フランス代表(東京五輪グループステージ③)

久保建英マッチレポート U24日本代表VSU24フランス代表(東京五輪グループステージ③)

【関連記事】

Advertisement

試合結果

4-0 日本勝利

試合トピックス

27分 日本GOAL>>久保の縦パスに反応した上田がシュート。いったんはキーパーがはじくも久保が自ら押し込む

34分 日本GOAL>>久保の絶妙なタイミングのスルーパスに反応した上田がシュート。キーパーにいったんはじかれるが酒井が押し込む

45分 久保OUT、三好IN

64分 フランス、直接FKからジニャクがシュート。キーパーがセーブ

70分 日本GOAL>>ショートカウンターから三好がペナルティアーク付近、左足でシュート

90分 日本GOAL>>カウンターから前田がキーパーとの一対一を制しゴール

Advertisement

久保・日本代表詳報

久保が3戦連発のゴールを決めた。

メキシコ戦に続き、2点差をつけての勝利を目指して積極的な姿勢で入ってきたフランスの出鼻を完全にくじいた。

試合展開を決定づける大きな大きなゴールだった。

前半だけの出場でお役御免となったが、文句なくこの試合のMVPである。

内容も文句なかった。

1点目は上田のシュートがキーパーにはじかれたところを押し込んだものだが、この一連のプレーも久保から始まっており、崩しと仕上げを一人で担当した。久保に求められているのはこういうプレーである。

2点目も素晴らしかった。これも上田への久保の縦パスから始まっているが、このタイミングで縦パスを出すアイデアとテクニックがあるのは久保とバルサのテクニカルなプレーヤーだけである。

ある意味で1点目のゴール以上に才能と輝きを見せた瞬間だろう。

それにしてもここまでは文句なしである。

贔屓目なくグループステージの大会MVPである。

賞賛の言葉しか見当たらない。

45分間の出場で休めたのも大きい。

トーナメントではさらなるギアのアップと成長を期待したい。

さて、試合内容だが、語るべきことは多くない。

シチュエーションが勝敗の大きな要素となるグループステージ最終戦においては勝ち点上有利なチームの先制点がある意味ですべてである。

つまり久保の先制点に尽きる試合だった。

なお、一人触れておくべきプレーヤーがいるのでそれには言及しておきたい。

2点目を決めた酒井だ。

今日の酒井は完璧だった。フランスの選手のプレーと身体の使い方、勢いに乗るときの癖を完全に知り尽くしていた。頑張るところとそこでの頑張り方を完全に心得ていた。イエローカードをもらった以外はパーフェクトなゲームだったと言っていいだろう。

酒井は累積でトーナメント初戦には出られないが、ここまで出色の出来である久保と酒井を休ませることができたという点ではポジティブにとらえていいだろう。

開催国らしく、今までの国際大会にないほど勝利の風が日本に吹いている。

次の試合も勝利を期待したい。

【関連記事】