口が臭い理由と対策(実際に治りました!)

口が臭い理由と対策(実際に治りました!)

日常生活で最も自分では自覚しにくく周りに不快感を与えるのは匂いですよね。

中でも口が臭いことを気にする人は多いと思います。

筆者も悩まされていましたが、ここで紹介する方法を試すことで治りました。

(なお、口が臭い理由には病気による場合もありますが、そうしたケースは1割程度と言われています。ここでは筆者の体験談として他の9割の理由と対策を紹介したいと思います。)

Advertisement

まずは口臭の原因を知ろう!

原因はほとんどが以下のどれかあるいは組み合わせです。

歯周病

歯ぐきの出血・膿が匂うようになります。

虫歯

食べかすなどが原因となりますので、匂いがしてきます。

歯垢

歯周病や虫歯の原因となるいわゆるプラークのことで、この堆積物が歯に残っていると匂います。

歯石

歯垢が固まったものです。歯垢同様匂いの原因になります。

舌苔

ぜったい。舌の表面につく白いものです。細菌の固まりで匂いの原因になります。

人口歯

義歯・入れ歯のプラスチック部分に匂いが付着していきます。

唾液量減少

唾液が少なくなると口の中を自浄する作用が減り虫歯などの原因となります。これも匂いの原因です。

なお、筆者も歯医者で色々聞きましたが、原因は虫歯以外の複合的なものじゃないかと言われました。

ちなみに、口臭への影響度でいうと、舌苔はそれほどないようです。要は、症状の違いはあれど、歯に溜まる汚いものはすべて口が臭い理由になるということです。

では、対策は?

口内の汚いものが口臭の原因になるということですので、つまり口内を清潔にすることが重要ということです。

ブラッシング(歯磨き)→虫歯対策

通常の歯磨きですね。虫歯対策が口臭対策にもつながるということです。朝昼晩食後の1日3回がノーマルだと思います。昼は仕事等でする習慣がない人も朝晩はするようにしましょう。筆者は朝晩の2回は怠りなくしています。

ちなみに、歯磨き粉はそれほど重要ではないようです。歯磨き粉はあくまで汚れを落としやすくする補助剤で重要なのはブラッシングそのものです。

ブラッシングは歯の表と裏、歯の窪みを満遍なく行うことが肝要です。

口内殺菌→歯周病・歯垢・歯石・人口歯対策

これは、体験上一番効果的だったのは、市販されている液体ハミガキでした。

歯ブラシが届かない箇所にも液体なので行き渡り殺菌してくれることからかなり効果的だと感じています。私は1日1回朝、ブラッシング直前に使用しました。1日3回しなくても大きな効果を実感しています。

なかでもお薦めは↓です。色々試しましたが、ノンアルコールよりアルコール配合のほうが口がすっきりするので口臭を気にしているときは精神衛生的に良かったです。

歯間・歯裏・歯ぐき拭き取り→歯周病・歯垢・歯石対策

これも、体験上一番効果的だったのは、市販されているフロスピックです。

ハミガキでは届かない歯の間や歯の根っこ(歯ぐき)もきれいに磨くことができます。私は1日1回夜、ブラッシング直後に使用しました。

1日1回朝の液体ハミガキとともに効果は絶大だと感じています。

フロスピックと言っても色々なタイプのものがありますが、硬くて大きなものは個人的には痛くて歯間に入りづらく使いづらかったです。小さくて柔らかい材質のこちらのフロスピックがお薦めです。↓

コーヒー(カフェイン)は控えめに&水分を取る→唾液量減少対策

医者に相談した際、コーヒー(カフェイン)の取りすぎは良くないから毎日飲んでいるようなら控えたほうがいい、そして水を頻度よく飲むことと言われました。(カフェインによる体内の水分の減少を抑え、水で水分を維持することにより唾液量を減らさないということにつながるということです。)

唾液量はストレスなどにも影響を受けるので、なんとも言えない部分もありますが、いずれにせよ口内を乾かさない工夫をするのは重要だと感じています。