【ネタバレ】ワンピース1016話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1016話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝お玉でやんす!!〟

あらすじ

○CP0は戦況把握に努めていた。彼らによると現在の兵力差は2万VS7000。差が詰まってきているようだ。

○ナミとウソップは、お玉をつれバオフォンのもとへ向かっていたが、ナミのクリマタクトが急にしゃべりだす。どうやらヘラに食われたと思っていたゼウスがヘラに噛まれた拍子にタクトの中に押し込まれていた模様。

○そんなナミとウソップにうるティが追い付く。再度ウソップを攻撃し、お玉を捕らえる。しかし、ナミが”わた”と新たに名付けたゼウスの入ったクリマタクトを使い、ビッグ・マムにやられ瀕死だったうるティにとどめを刺す。

○うるティを倒し、バオフォンを捕らえたナミたち。そして遂にお玉の声が戦場全域に響き渡る。

○一方、カイドウに対峙していたヤマトはルフィが戻ってくるまで自分がカイドウを食い止めると叫ぶ。

見どころ

2万4000VS3000→2万VS7000

CP0の戦況分析によるとカイドウサイドとルフィサイドの兵力差がこのように縮まってきたようだ。

カイドウ軍からルフィ軍への4000人の兵力移動は、ライブフロアでクイーンに氷鬼をくらったカイドウ軍の兵がチョッパーの活躍でルフィ軍に寝返ったもののようだ。

少しずつではあるが、ルフィサイドに戦局が傾いてきていることを感じさせる。

”わた”誕生

ゼウスは生きていた。

ナミのクリマタクトに押し込まれ、どうやらクリマタクトと一体化したようだ。

そして、ナミはマムのホーミーズでなくなったゼウスに”わた”という新たな名をつける。

ゼウスが生きていることは筆者も予想していたが、こういうかたちで復活するとは!

ちなみに、この一連のシーンは、クリマタクトのパワーアップ、つまりナミのレベルアップイベントということになるだろう。

うるティ脱落

しつこかったうるティもとうとう戦場から完全に脱落したと見ていいだろう。

マムにやられ瀕死の状態ながらもしぶとかったが、ウソップと新たなクリマタクトを手に入れたナミによりとどめを刺された。

兵力差が詰まってきたことに続いて、このシーンもルフィサイドに戦局が傾いてきたことを感じさせる。

「僕はルフィと一緒に海へ出る!!!」

とうとう、ヤマトとカイドウの戦いが始まった。

両者とも「ワノ国」「開国」「夜明け」についての真実を知る者同士。はやくも意味深な会話が繰り広げられている。

その会話の中でもやはりワンピースファンが一番気になるのは、ヤマトのこのセリフである。

麦わらの一味10人目の仲間になるのか。それともそれとは違うかたちの関係性になるのか。

それはきっとヤマトの役割が何なのかによるのだろう。

「おれはここが「ワノ国」だから居座ってんだよ!!!」

そして、もう一つ気になるのがカイドウのこのセリフだ。

やはり「ワノ国」そのものに何等かの意味があるということをカイドウも認識していることが明らかになった。

加えて、会話の雰囲気から察するに、カイドウとヤマトそれぞれが持つ情報については、同じものもあれば違うものもあるのかもしれない。あるいは認識の違いによる情報の違いがあるのかもしれない。

いずれにせよ、二人の戦いの中で解き明かされることも出てきそうだ。

Advertisement

今後の展開予想

※前回までの予想に加えて、、、

お玉のメッセージで戦況がルフィ側に一気に傾く

今回の話でルフィ側がだいぶ兵力差を詰めてきたことが判明したが、次はお玉の一声できびだんごを食べたカイドウ側の兵が一気に寝返り、戦力差が一気に詰まる可能性が高そうだ。

加えて、以前からお玉がナミに「作戦」と話していた行動がこれのはずなので、であれば、寝返るだけでなく、その兵が全員なんらかの仕込みに基づく共通のアクションを取る可能性が高い。

そうなれば、戦力差が詰まるだけでなく、戦況がひっくり返る可能性も出てくる。

麦わらの一味が飛び六胞を各個撃破

いよいよ戦局がルフィサイドに傾いてきたことを感じさせる描写が増えてきた。

次は、飛び六胞と相対している麦わらの一味のメンバーが勝利を収めるのではないだろうか。

フランキーはササキに、ロビン&ブルックはブラックマリアに、ジンベエはフーズ・フーに。

ナミとウソップがうるティとページワンを倒した後は、次はこの対戦カードで決着がつくかもしれない。

勿論、相対した後の描写がないため現在どうなっているかはわからないが、話の流れ的には飛び六胞陥落の流れが来ているのではないだろうか。

そしてその後はサンジたちが相対しているキング、クイーン、そして手負いのジャックの3人の大看板との戦いに戦局が移行し、さらにその後はビッグ・マム戦、そしてラストはカイドウ戦となるのかもしれない。(なお、飛び六胞を各個撃破すれば筆者がさんざん予想してきた通り、麦わらの一味総力戦がなんらかのかたちで実現する可能性が高いと言えそうだ。)

お玉の「作戦」とともに局面が大きく動くのではないだろうか。

【関連記事】