【ネタバレ】ワンピース1032話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1032話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

ワンピース1032話のサブタイトル

〝おでんの愛刀〟

Advertisement

ワンピース1032話のあらすじ

○ヤマトを追いかけまわすアプー、それを追うドレーク、ロビン&ブルックを追うCP0が遭遇する。CP0はアプーとドレークに攻撃を仕掛ける。そしてアプーとドレークが成り行きでCP0に対して共闘することになる。

○その頃、ゾロとキングの戦いは続いていた。ゾロはキングに技を繰り出すもダメージを与えられず、徐々に劣勢になっていく。そんなとき、閻魔が火をふく。

○そして、日和(小紫)がオロチの前に現れる。

Advertisement

ワンピース1032話の見どころ

アプー&ドレークVSCP0

最悪の世代共闘その2。

アプーとドレークは成り行きで同盟を結ぶと筆者は予想したが、それに近い構図が生まれた。

アプーとドレーク、そしてCP0の中でも最強クラスと言われる仮面の男たちとの戦いは熱い展開だ。

特にドレークとCP0は世界政府のことを知っている人間同士。

フーズ・フーとジンベエとの戦いで張られた伏線がこの戦いの中で回収されるのかもしれない。

期待したい。

火をふく閻魔と日和の登場

閻魔が急に火を噴いたが、恐らくおでんの娘である日和の登場に反応したのだろう。

この火を噴いたことが何を意味するのか。

閻魔の秘密が開陳されるときが来たのかもしれない。

そしてそのとき閻魔が覚醒し、ゾロがパワーアップを果たし、キングを打ち倒す決め手になるのかもしれない。

楽しみだ。

Advertisement

ワンピース1032話を読んでの今後の展開予想

※前回までの予想に加えて、、、

閻魔の秘密

閻魔は、おでんの愛刀で、これまで使い手から覇気を勝手に吸い上げそれを放出する妖刀であることは明かされている。そして”黒刀”になっていないということも明らかにされている。

さらに、カイドウには”おでんの気配が乗っている”と言及され、マムは”その刀は特殊”という趣旨の発言もしている。

そうしたすべての閻魔に関する伏線が回収され、ゾロがカイドウに深手を負わせたことの本当の意味、ここまでキングに傷を負わせることができていないことの意味、が遂に明かされるときが来たのではないだろうか。

日和の目的

日和もオロチに強い恨みを抱いている人間の一人。

そのためオロチに引導を渡しにきたと考えることができる。

彼女は戦いをできない普通の女性キャラとしてここまでは描写されているが、彼女もおでんの子供。

実は強いという可能性がある。

また何かの能力者である可能性も否定できない。

オロチの最後の首を落とすのは大人の姿になったモモの助と日和になるのかもしれない。

カン十郎が能力で描いた日和である可能性もゼロではないが、その場合カン十郎サイドの物語での説明が必要になるため現状の流れからするとこの線はないのではないだろうか。