【ネタバレ】ワンピース1038話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1038話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝キッド&ローVS.ビッグ・マム〟

あらすじ

○火が回り続ける城内。フランキー、ジンベエらが火から離れる中、チョッパーはゾロの身を案じる。

○倒れているゾロの前に死神のような人物(?)が現れ、鎌を振り下ろそうとする。

○一方、イゾウの前にCP0が現れる。CP0はイゾウの前から去ろうとするがイゾウはそれを止める。

○ヤマトは武器庫に到着。火薬に迫っていた日前坊をすんでのところで止める。

○そして、キッド&ローVSマムは、マムが二人を圧倒していた。そしてマムはローとキッドを薙ぎ払いカイドウのところに向かおうとする。しかし二人は再び立ち上がりそれをさせない。戦いは続く。

見どころ

チョッパー元に戻る

新ランブルボールの影響で、年を取り見た目は変わらないものの話し方が老人になっていたチョッパーだったが、ようやく口調が元に戻った。

可愛いチョッパーが戻ってきてとりあえず一安心だ。

ゾロの前に現れた死神

ここにきてまた謎の新キャラクターが現れた。

キングに勝利し瀕死のゾロの前に突如現れ、鎌を振りおろそうとする。

人物なのか、誰かの能力によるものなのか、それ以外の存在なのか。

ここにきてまた出てきた謎の新キャラクターだ。

イゾウとCP0

イゾウがCP0と対峙する。

いったんは互いに見逃そうとするが、イゾウはCP0の狙いが麦わらの一味と知り、対峙することを決める。

次はイゾウがCP0と戦うのだろうか。

キッド&ローVSビッグ・マム

マムが圧倒しているシーンから再び戦いが描写された。

さすがビッグ・マムは強い。

しかし、ルフィのように諦めないキッドとローは、カイドウのもとへ向かおうとするマムをまたしても大技で食い止める。

マムも不死身ではない。効く攻撃はある。それを冷静に考え、ルフィのようにどんな強大な敵にも屈しない強さが二人に備わってきたように見える。

Advertisement

今後の展開予想

※これまでの予想に加えて、、、

ゾロの前に現れた死神は”三代鬼徹”

ゾロの前に現れた死神はゾロの持つ妖刀”三代鬼徹”なのではないだろうか。

生命力が弱くなった持ち主の命を狩りに来たのではないだろうか。

生命力の強さにこそ力を貸す妖刀であることは、ローグタウンでの入手時からも想像できる。

そして今度は鬼徹の秘密が明かされるのではないだろうか。

なお、もう一本の刀”閻魔”である可能性はあるが、”閻魔”は”死神”とは違うはずだ。そうした点からもこのような想像が働く。

イゾウVSCP0

このカードのバトルも始まりそうだ。

イゾウもCP0も互いに万全ではないが、どちらも実力者だ。

わりとしっかりと戦いの描写が描かれるのではないだろうか。

イゾウの本気バトルはこれまで一度もしっかりと描かれていないだけに楽しみにしたい。

キッド&ローの反撃とビッグ・マムの真の力の解放

キッド&ローとマムの戦いもまだ続きそうだ。

もはやキッドとローはルフィのような誰にも何にも屈しない戦いをする。

マムも苦戦するだろう。

しかし、マムはワノ国編ではほとんど覇気を直接的に見せていない。

それを見せずして、戦いは終わらないだろう。

どちらが勝つかはわからないが、ルフィとカイドウ、そしてマムの3人の覇気については最高に盛り上がるシーンが用意されるはずだ。