【ネタバレ】ワンピース1005話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1005話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝悪魔の子〟

あらすじ

○サンジは、ブラックマリアにロビンを誘き出すよう強要され、ロビンに大声で助けを求める

○助けを求められたロビンはブラックマリアに攻撃をしかけ、ブルックとともに堂々と姿を現す

○ロビンとブルックはサンジを解放。サンジは「赤鞘のもとへ行く」と言って走り出す

○ジャックは手負いながらも赤鞘の追撃に動き出す

○ヤマト、モモの助、しのぶは身を隠していたが、敵に見つかり反撃に撃って出る

見どころ

助けを求めるサンジと堂々と姿を現すロビン

女に攻撃できないサンジは大声でかつ情けない声でロビンに助けを求める。そしてそれに応え堂々と現れるロビン。

サンジにとってロビンは”か弱い守るべき女”ではなく”戦いにおいても対等に頼れる仲間”であることが強く伝わってくる。

そしてロビンもサンジが女に攻撃できないこと、対等に頼ってくれることを好ましく思いその信頼に応えている。

やはり麦わらの一味の絆は凄い。一味は皆、戦う力以外に絆も成長していることがこのわずかなシーンで伝わってくる。

そして、それが最もわかりやすいセリフがこれ。

サンジ「なぜか勝機がまったく見えねえ」、ロビン&ブルック「「でしょうね」」。

最高だな、お前ら!

赤鞘の追撃に動き出すジャック

飛び六胞では赤鞘の相手は厳しいという理由でジャックが追撃に動き出す。

ジャックの認識としては、力関係は、大看板≧赤鞘>飛び六胞ということなのだろう。これは全員が万全の状態で一騎打ちするときの力関係としては客観的に見ても概ね正しそうだ。

だが、当然個人差もあるし、現状においては傷を負った状況もある。一概にこうは言えないだろう。

反撃に出るヤマト、しのぶ

敵に見つかったヤマトとしのぶは、モモの助をヤマトの服の中に隠し、反撃を開始する。どこで誰と合流あるいは相対することになるのか。

Advertisement

今後の展開予想

※前回までの予想に加え、、、

ロビンVSブラックマリア

まだ一味のバトルのハイライトは流動的だが、とりあえずロビンVSブラックマリアは状況的に確定したのではないだろうか。

加えて、ロードポーネグリフのことなどロビン(とブルック)にはまだまだ役割があることが予想されるため、瞬殺とまではいかなくてもわりと簡単に倒すくらいの強さを見せるかもしれない。

なお、ブルックとともに戦う場合はこれまでのように一味が1対1で敵幹部を一人ずつ倒す展開とは違うということだろう。

モモの助とトキの再会

前回、赤鞘を助けに来たキャラクターがシルエットで登場したが、このキャラがモモの助の母のトキであれば、二人が再会する可能性がある。

そしてその再会がワノ国の”開国”に向けての重要なイベントになるのかもしれない。おでんの航海日誌の内容を知っているヤマトがモモの助と行動をともにしている意味もあるからだ。

ジャックVSエネル

前回赤鞘を助けに来たキャラクターがエネルなら、この対戦カードになる可能性もある。

今回の話からはサンジVSジャックになりそうな気もするが、サンジは父ジャッジを知っているクイーンや一度やられているキングともバトルのフラグが立っているためまだわからない。

【関連記事】