【ネタバレ】ワンピース1004話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1004話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝きびだんご〟

あらすじ

○ルフィたちのバトルから城内の戦況に場面変更

○お玉は、悪魔の実の能力できびだんごを敵に食べさせどんどん味方を増やしていく

○フランキー、ナミ、ウソップは飛び六胞と戦いを繰り広げる

○ブラックマリアは女に手を出せないサンジを捕らえ、ロビンをおびき出そうとする

○ローによりカイドウとの戦場から離れた赤鞘の9人はキングの指示で狙われつつあるが、何者かが助けに来ていた

見どころ

お玉軍団

お玉がきびだんごの能力でどんどん仲間を増やしていく。最初に仲間にしたスピードに加え、囚人採掘場の兎丼で副看守長をしていたダイフゴーも仲間にしていた模様。

それにしてもお玉のこの能力、すっかり忘れていたが実は戦況逆転の切り札なのでは?

ナミVSウルティ

ナミが雷撃”サンダーランステンポ”を飛び六胞のウルティに炸裂させる。致命傷にはならないが堂々と渡り合う。

”サンダーランステンポ”はこれまで多く披露していた”サンダーボルトテンポ”とは違う。後者が全体攻撃技だとしたら、前者は単体攻撃技と言ったところのようだ。

フランキーVSササキ

フランキーも飛び六胞ササキと派手なバトルを繰り広げる。”勝利のVフラッシュ”を炸裂させササキにダメージを与える。

それにしてもこの技名、完全にコンバトラーVである(笑)。フランキーがいよいよスーパーロボットになってきた。スパロボへの参戦も近いかも(笑)。

「ニコ・ロビンをナメんなよ」

女に手を出せないサンジはブラックマリアに捕らえられてしまう。そして、古代文字を読めるロビンを捕らえるための人質とする。

そうした中、ロビンを捕らえて自由を奪い古代文字解読のためだけに利用しようとしていることを聞いたサンジが放ったセリフがこれ。

ロビンは、のこのこ出てきて捕らえられるようなこともしないし、万一捕らえられても言いなりになんかならないということを言いたいのだろう。

麦わらの一味の信頼関係はもう誰にも壊せないどころか揺さぶれないほど強固なものになっていることを感じさせる。

赤鞘9人男を助けようとする人物の登場

横顔の一部のシルエットだけ登場。この人物は一体誰だろうか?既存キャラか?新キャラか?

Advertisement

今後の展開予想

※前回までの予想に加え・・・

チョッパーと最悪の世代の戦況

チョッパーサイドはクイーンのエキサイト弾の状況がどうなっているか気になるところだ。

アプーとドレーク、ホーキンスも登場するはずで、戦局を左右する何か大きな動き、つまり、アプー、ドレーク、ホーキンスでクイーンを倒し、カイドウ戦に向かうかもしれない。

ロビンとブルックとポーネグリフとウラヌス

ロビンとブルックは、カイドウの持つロードポーネグリフ、古代兵器に関するポーネグリフを見つけているかもしれない。

現在、古代兵器で全くその内容が明かされていないのは”ウラヌス”だけとなっている。となると、ウラヌスに関するポーネグリフを見つけているかもしれない。そしてそのウラヌスがこの戦いに登場する可能性も否定できない。

赤鞘を助けようとしている人物はエネル?

横顔の部分的なシルエットだけだが、どこかで見覚えがある。

そう空島編でルフィに敗れ月に飛び立ったエネルである。

前々回の話(1002話)でビッグ・マムはルフィたちとの戦いに空島編を思わす技を使っていた。そのときにもエネルが何か関係するのではという展開予想をした。

そして、ウラヌスについては上述の通り予想するに至った。(ちなみにウラヌスはその名前から空・天に関する古代兵器であることが濃厚だ。)

さらに、カイドウ&マムの同盟の目的は古代兵器を入手したうえでワンピースを手に入れること。

これらのフラグを考えると、エネルがウラヌスに関する情報とともに現れる可能性だって決して否定できない。

もちろん、生死が明らかにされていないおでんの妻でモモの助の母トキかもしれないし、ワノ国に忍び込んでいた革命軍の新キャラかもしれない。マルコやイゾウがいる以上元白ひげ海賊団の幹部の誰かという線も捨てきれない。

だが読者にとって一番テンションが上がるのはエネルの再登場だろう。(さすがに麦わらの一味10人目の仲間になるようなことはないと思うが。)

いずれにせよ、誰であろうとこの戦いにおけるキーマンになる可能性が高い。楽しみだ!

【関連記事】