【ネタバレ】ワンピース1033話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1033話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝霜月コウ三郎〟

あらすじ

○ゾロVSキング。ゾロは閻魔を使いこなせず、劣勢が続く。

○サンジVSクイーン。戦いの中でクイーンはキングがルナーリア族であることを明かす。

○戦いの中、ゾロは故郷シモツキ村で出会った老人が閻魔をつくった刀鍛冶”霜月コウ三郎”であることに気づく。

○ゾロは閻魔に吸い出され放出された覇気で周囲の敵たちを気絶させながら、閻魔を使いこなすことを決意する。

見どころ

キングはルナーリア族であることが確定

クイーンが明言したことにより、キングがルナーリア族であることが確定した。

キングはゾロとの戦いの中で、自らを起爆させるなど特殊な能力を見せ、ゾロに劣勢を強いているが、ルナーリア族としての特性なのだろう。

ちなみに、クイーンはキングがルナーリア族であることは知っているがルナーリア族の詳細についてはあまり把握していない模様。(サンジにルナーリア族について聞かれた際、「歴史にでも聞きやがれ」と返している。)

ルナーリア族の謎については、ゾロとキングの戦いの中でキングが自ら語る可能性が高そうだ。

ゾロの回想で霜月コウ三郎登場

ゾロが幼少期故郷のシモツキ村で出会った老人が閻魔をつくった刀鍛冶”霜月コウ三郎”であることに思い至る。

特にひねりなく普通にシモツキ村で出会っていたことがあっさり明かされた。同時にシモツキ村がワノ国と縁があることも明かされた。

ゾロとワノ国に関するフラグが一つ回収されたということだろう。

ゾロに覇王色の覇気発現

現時点では使い手の覇気を勝手に吸い出し放出する閻魔の特性による発現であるようだが、周囲が気絶するという描写が初めて明確になり、ゾロ自身も自覚したことから、ゾロの覇王色の発現が確定された。

閻魔の先代の使い手であるおでんのような戦い、いやそれを超える戦いをゾロが見せてくれるときが近づいてきたのかもしれない。

Advertisement

今後の展開予想

※前回までの予想に加えて、、、

三刀流により閻魔覚醒

ゾロがおでんを超えた閻魔の使い手になるかもしれない。

というのも、おでんは二刀流だったが、ゾロは三刀流で、他に持つ「和道一文字」「三代鬼徹」の相性の良さについても明らかになっているからだ。

つまり、霜月コウ三郎に最高傑作とまで言わしめた「閻魔」がこの二本により新たな力(本来の力)を見せるのではないだろうか。

コウ三郎も含め刀鍛冶は三刀流を持つ剣士や侍が出てくるなんて恐らくまったく想定していないはずで、それによる刀の能力発揮を一切想定していないはずである。

ゾロがおでんを超える閻魔の使い手になるにあたって三刀流が大きな意味を持つのではないだろうか。

ゾロの三刀流は常識にとらわれないルフィの最初の仲間であることを強調するためのものだと思っていたが、この三刀流にもきちんとフラグが成立していたのかもしれない。

ワンピースの緻密な設定からすると十分あり得る話だ。

【関連記事】