【ネタバレ】ワンピース1001話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1001話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝鬼ヶ島怪物決戦〟

あらすじ

○やはり前話でルフィが繰り出した”ゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)”は新たにマスターした覇気による攻撃だった。カイドウにダメージを与えていた

○ルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラーVSカイドウ、マムの戦いが始まる

○ルフィVSカイドウ、ルフィ&キッド&ローVSカイドウ、ゾロVSマム、ゾロ&キラーVSカイドウ、などそれぞれがそれぞれの局面で強力な技を繰り出す

○龍の形態になったカイドウは「勝った者が海賊王に近づく!」と咆哮する

見どころ

カイドウが思い出す強者たち

カイドウにダメージを与えた存在は限られているようだ。ルフィの新たな覇気でダメージを受けたことでカイドウはその強者たちを思い出す。

出てきたのは、ロジャー、白ひげ、シャンクス、おでん、そしてロックス。

ルフィが遂にこの領域に迫ってきたということを示す描写だ。

雷鳴八卦VS未来予知の見聞色

カイドウは初戦でルフィのギア4を瞬殺した雷鳴八卦を繰り出すが、ルフィはカタクリ戦で習得した未来予知の見聞色の覇気を発動させ、凌ぐ。

天上の火VS狐火流焔裂き

マムはプロメテウスを使った”天上の火(ヘブンリ―ファイア)”を繰り出すが、ゾロが錦えもんから盗んだ技”狐火流焔裂き”でこれを防ぐ。

ホールケーキアイランド編ではプロメテウス(太陽)の力に麦わらの一味は苦戦を強いられているが、ゾロは一瞬でその特性を見抜き効果的な技で防いでいる。

2年間の修行後未だゾロだけは本気のバトルが見れていない。いよいよ本気バトルだ!

カイドウVSゾロ&キラー

ゾロとキラーという各海賊団のナンバー2同士による一斉攻撃が炸裂!

カイドウは難なくこれを受ける。

ゾロは新刀”閻魔”の能力をまだ最大化できていないようだ。

カイドウVSルフィ&キッド&ロー

ルフィが”ギア4・猿王銃(コングガン)”、キッドが”磁気魔人・磁力万力(パンクロットンパンクヴァイス)”、ローが”ROOM(ルーム)”でカイドウに一斉攻撃を仕掛ける。

カイドウは難なく耐える。

全員準備運動はこれで済んだといったところか。

「勝った者が海賊王に近づく!」

カイドウはルフィたちの怪物級の強さを認め「勝った者が海賊王に近づく」と咆哮する。

四皇がこの戦いが海賊王を競うものになると認めたということだろう。

いよいよワンピ史上最強の戦いの始まりだ!

Advertisement

今後の展開予想

※前回1000話のレビューで書いた展開予想に加え、、、

ゾロの新刀”閻魔”の力最大化

まだ最大化しきれていないようだ。この戦いの中でおでんを超える使い手になれるはずだ。

ルフィに加えゾロもカイドウにダメージを与えられる覇気を身につける可能性は高い。

キッド、ローの新覇気習得

今のところカイドウにダメージを与えられる新たな覇気はルフィだけが使うことができるが、ゾロとともにキッドとローにも発現する可能性はある。

キッドとローはその能力でそれぞれ圧死、体内破壊をカイドウに行うことは可能だと発言しているが、ここでルフィに一歩リードされたままになるとは思えない。

ルフィの覇気のさらなる進化

ゾロ、キッド、ローが今ルフィが使える新覇気を身につけた場合、ルフィはもう一歩上にいくかもしれない。

それは、ロジャーの過去編でロジャー・白ひげが繰り出した武器同士が触れない覇気である。原理は新覇気と考えられるが、それだけではないはずだ。覇王色が関係しているのかもしれない。

【関連記事】