【ネタバレ】ワンピース1002話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1002話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝四皇VS新世代〟

あらすじ

○カイドウに次々と攻撃を繰り出すルフィたち

○それぞれが自身の能力を生かして、工夫しながらカイドウに攻撃を当てていく

見どころ

カイドウに放たれる連撃

カイドウに対し次々と攻撃を繰り出すルフィたち。

ルフィは新たな覇気をまとった”ギア4・猿王回転弾(コングライフル)”で殴り続け、キッドは”破壊弦(スラムギブソン)”で圧死を狙い、ローは”ガンマナイフ”で内臓破壊を狙う。キラーも体内を切ることのできる”鎌阿音撃(カアマソニック)”でダメージを与える。

”威鼓(インドラ)”

ルフィたちが次々にカイドウに攻撃を繰り出す中、マムも参戦。

雷雲を駆使した落雷を起こす技を発動。まさに天候いや天災を操る世界最強のババアである。

「きかないねえ。ゴムだから」

久々のルフィの決め台詞!

ここしばらく聞いていなかったセリフだ。

マムの”威鼓(インドラ)”による落雷がルフィに直撃するもきかない。マムは驚くが読者は知っている。空島編で雷を操るエネルの技がきかなかったのだから。ルフィの言葉もそのときと同じ。懐かしい気持ちになる。

カイドウVSゾロ

カイドウの”熱息(ボロブレス)”が炸裂。おでん城を一撃で破壊した技だが、ゾロが難なく火を割る剣技で食い止める。

そのまま、”一刀流飛竜火焰”を放つ。が、カイドウはこれをかわす。

ゾロのこの新技は新刀閻魔特有の覇気を極大に乗せた技だと思われる。おでんも使いカイドウに瀕死のダメージを与えたが、それを察してカイドウは避けたのだろう。

Advertisement

今後の展開予想

※前回までの予想に加え、、、

閻魔の本当の意味

今回の話でゾロの閻魔の技に対してカイドウは極度の反応を示している。これまでの情報に基づけば、おでんに大ダメージをくらった技だからということになるが、そのほかにも意味があるのかもしれない。

閻魔の本当の意味が語られるのかもしれない。そしてそれは五老星が持つ刀の意味に近づくことなのかもしれない。

エネルの行動の意味

今回の話でマムが放った”威鼓(インドラ)”という落雷の技名は空島編のエネルを彷彿とさせる。

マムは空島やエネル、エネルの行動の意味に対する何かしらの回答を持っており、それが語られるのかもしれない。

ワンピースでは無駄な匂わせやフラグ、伏線はこれまで一つもない。今回多くの読者が空島編を思い出すようなシーンを出してきたのは何か意味があると考えるほうが自然だ。

【関連記事】