【ネタバレ】ワンピース1012話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1012話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝うず〟

あらすじ

○赤鞘はそれぞれ別行動をとることにする。錦えもんはモモの助を守ること、お菊はカン十郎との決着をつけること、ネコマムシはペドロを死なせた張本人ペロスペローを倒すこと、を目的に別行動を開始。

○モモの助&しのぶ&ヤマト組も別行動をとることにする。ヤマトが囮になり、その隙にモモの助・しのぶは錦えもんとの合流を目指すことに。

○ゾロ&ローはサンジと合流を果たす。ローはすぐに別行動をとるが、ゾロとサンジは無事合流。瀕死のゾロをサンジが担いで走ることに。そして河松と合流し、ライブ・フロアへ向かうことに。

○ナミ&ウソップ&お玉組は変わらずうるティ、ビッグ・マムと交戦中。そんな中、うるティはとうとうお玉に手を上げ、それを見てナミが激怒。うるティに得意の落雷を見舞う。

見どころ

目まぐるしく動く戦局

赤鞘、麦わらの一味、モモの助、それぞれが行動目的を変更。戦いの局面が再度変わろうとしている。どのような展開と局面になるのか、もはやわからない。

麦わらの一味初の大人数同士のまさに”戦争”ということだろう。

ゾロ&サンジ合流

麦わらの一味の頼れる二人が遂に合流。ゾロは、瀕死で動けないもののサンジに担がれながら安心して寝ている。

ゾロがこのまま戦いから離脱ということはあり得ないので、恐らくここで回復しているものと思われる。

「私・・・ダメみたい!!子供に手を上げる奴・・・!!この女ここでブチのめす!!!!」

お玉に手を上げたうるティを見てナミが激怒。うるティに雷撃をブチかます!

この行動の理由は、ナミ自身の幼少の頃の経験などから説明がつくが、ナミの子供が傷つくことに対する敏感さはパンクハザード編からより顕著になっている印象だ。

ルフィたちのおかげでココヤシ村が解放されてから2年が経ち、トラウマを克服したことでシンプルに怒りを行動に移すことができるようになったのかもしれない。あるいは2歳歳をとって20歳の大人になったことから母性が強くなったのかもしれない。

Advertisement

今後の展開予想

前回までの予想に加えて、、、

ナミVSうるティ

この対戦カードは確定だろう。ナミの理由が強い動機に基づくものだからだ。

しかし、その場合はビッグ・マムの行動がどうなるかだ。ナミとともに戦うのか、別の戦局に移行するのか。ウソップとお玉の行動がどうなるかとともに気になるところだ。この局面に影響を与えそうなキッドの動きも同様だ。

ネコマムシVSペロスペロー、お菊VSカン十郎

この対戦カードも確定と思われる。

もちろんまだまだ紆余曲折があるだろうが、いずれも強い動機があるため、紆余曲折があったとしても最後の決着の場面ではこの戦いになるのではないだろうか。

ゾロの回復

全身骨折で現在瀕死のゾロだが、このまま戦いに参加しないことはまず考えられない。サンジに担がれて眠っている間に動けるまでには回復するのではないだろうか。

ゾロの全力はカイドウ戦で見られたので、以降の戦いでは弱ったバージョンのゾロということになるだろうが、マム以外には良いハンデだとも言える。

サンジ&チョッパーVSクイーン、ゾロ&マルコVSキング

ライブ・フロアにサンジ&ゾロが移動を開始した。

そうなるとまず筆者がこれまで予想してきた通りサンジ&チョッパーVSクイーンが濃厚になってきたように思う。

力関係的にもホールケーキアイランド編でルフィが四皇の幹部を倒し、ここで恐らく四皇を倒すことになるであろうことから、麦わらの一味内でこれまで常にナンバー3として描かれてきたサンジはここで百獣海賊団ナンバー3のクイーンを倒すのではないだろうか。ただ、1対1ではまだ及ばない可能性があるので、チョッパーと協力してという構図になるというわけだ。(チョッパーとクイーンは氷鬼の件で、サンジとクイーンはヴィンスモーク・ジャッジの件で戦うフラグが立っているという理由もある)

そして、ゾロについてはキングと戦う可能性が高くなってきたのではないだろうか。

ワンピースでこれまで例外なく描かれてきたのはルフィが敵のナンバー1、ゾロが敵のナンバー2を倒す構図だからだ。

ただゾロは回復してもハンデを抱えている状態なので、1対1での勝利は厳しい可能性がある。そこで出てくるのがマルコとの共闘の可能性というわけだ。

マルコの能力とキングの能力はどちらも飛行形態になれる能力なので、この対戦カードについてもフラグが立っているからだ。ワンピース初の鳥同士のような飛行戦闘を見られるのではないだろうか。

【関連記事】