【ネタバレ】ワンピース1013話レビュー

【ネタバレ】ワンピース1013話レビュー

※ネタバレ注意です※

【関連記事】

Advertisement

サブタイトル

〝Anarchy In The BM(ビッグ・マム)〟

あらすじ

○ナミVSうるティ。ナミが”トルネードテンポ”をうるティに繰り出すが、逆に反撃にあい頭突きをくらいそうになる。

○ナミのピンチにビッグ・マムが参戦。新たな大技”鳴光砲(メーザー砲)”をうるティに直撃させる。うるティは腹を貫かれる

○このビッグ・マムの新技は、新たなホーミーズ”ヘラ”とプロメテウスによるものであった。ゼウスは用なしとなりヘラに食べられてしまう。

○ビッグ・マムは次の標的をナミとウソップと定め、攻撃しようとする。しかし、そこにキッドが現れ、ビッグ・マムに大技”磁気弦(パンク・ギブソン)”を繰り出す。

○一方その頃、ルフィはカイドウにやられ、気を失いカイドウとの戦いの場から落下していた。

見どころ

ビッグ・マムVSうるティ

”鳴光(メーザー)砲”であっさりとうるティを退けるビッグ・マム。うるティは死んではいないかもしれないが、致命傷には間違いない。百獣海賊団の主要戦力の一人が削られたということだろう。

やはりこの戦争は、ビッグ・マムが戦局を大きく動かす。

ちなみに、この”鳴光砲”という技だが、黄猿やパシフィスタ、フランキーのレーザー砲に似ている表現になっている。恐らく彼らの技と同種のものなのだろう。以前フランキーのレーザー砲を受けそうなときに防御手段を明確に持っていることが描写されていた場面もあるが、マムが森羅万象を使った戦いができる存在であることがうかがえる。まさに四皇だ。

ゼウスの最期

ヘラに食べられてしまうゼウス。マムを裏切り、ナミを裏切り、の繰り返しだったが、憎めないホーミーズでホールケーキアイランド編以降麦わらの一味をここまで生かしてくれた存在でもあった。

だが、あっさりと最期を迎えてしまう。(後になんらかのかたちで復活するかもしれないが)

魂を抜きあっさりヘラに食べさせるという行動をとるビッグ・マムはやはり四皇である。

”磁気弦(パンク・ギブソン)”

ビッグ・マムを追っていたキッドがようやく追いつく。早速強烈な一撃をかまし、ナミとウソップのピンチを救う。

マム相手にキッド一人では荷が重いはず。どういう展開になるか楽しみだ。

ルフィの敗北?

カイドウと一対一の戦いを挑んでいたルフィだが、意識を失い、島の上層から落下している場面が突如出てくる。

カイドウは勝利を確信しているようだが果たしてどうなるのか。

それにしても、カイドウが勝利を確信したことを話してるセリフが”よくわかっている”という感じだ。

これまでの敵はこんなことは言わなかった。やはりこの海の王である海賊王、そしてワンピースを本気で狙っている四皇であると感じる。

「人間は希望を捨てねェ・・・いや捨てられねェのさ・・・それが厄介・・・!!久しぶりに熱くなって・・・おれはしくじった・・・お前の首を切って「勝利宣言」をすべきだったんだ」「でなきゃみんながお前の勝利を信じ続けちまうだろう・・・・・・?」

Advertisement

今後の展開予想

前回までの予想に加えて、、、

ルフィの敗北理由は覇気のレベルの違い

どうしてこういう状況になったのかは、次回か近いうちに明かされると思うが、ルフィがこのような状況になったのはカイドウの覇気とまだ一段差があったからかもしれない。

一見ルフィはロジャーや白ひげ、赤髪、カイドウと同種の覇気を身につけたように見えるが、まだそこまで到達していないと思われるからだ。

ロジャーVS白ひげ、白ひげVS赤髪、カイドウVSビッグ・マムで見ることのできた覇気の衝突による”天を割る”描写がないからだ。

ルフィに内在する覇王色は恐らくロジャーたちに劣らないどころかナンバーワンだろう。だがそれがまだ完全に覚醒し解放されていないのだろう。

ルフィの救援に向かうのは赤鞘を手当した人物?ヤマト?

ルフィは、下層に落ちそうになっているのか、海に落ちそうになっているかはわからないが、こんなところでは死なず、再びカイドウとの戦いに向かうだろう。

そのためには(特に海に落ちそうになっているのなら)、助けが必要だ。

誰が助けに来るのだろうか。

それはずばり、未だ明かされていない赤鞘を手当した人物なのではないだろうか。

赤鞘を手当した人物は、その直後に現れたカン十郎によるおでんの絵ではないことは明白だ(手当する意味がないうえにカン十郎による仕業ならすでに作中で明言されているはずのため)。

そうなると、ルフィと邂逅するのはこの赤鞘を手当した人物である可能性がありそうだ。(※この人物が誰なのかの予想はこちら↓)

ただルフィを助けるのは他の人物の可能性も当然ある。中でも最も可能性が高そうなのがヤマトだ。

彼女はモモの助と別行動をとることを話している際、ルフィとカイドウの一対一を気にしていた。とてもただ気にしていた描写には見えない。なにかヤマトにしかわからない気にしていた理由があるように思えるのだ。

それはもしかしたら「開国」に関してのことなのかもしれない。

ルフィがカイドウを殺してしまうと「開国」ができないと考えているのかもしれない。(※ワノ国の開国に関する予想はこちら↓)

ビッグ・マムによるキッド瞬殺

ここまでビッグ・マムは100%の本気は見せていないように思う。

ルフィがいったんカイドウにやられたことと対をなし、とうとう本気を出してキッドをあっさり倒すのではないだろうか。

そして、これまで筆者が予想していたようにビッグ・マムと落ちてきたルフィを含む麦わらの一味の総力戦となる可能性も再び出てきたように思う。

いずれにせよ、今回のサブタイトルにもある通りこの戦争においてアナーキーそのものであるビッグ・マムが戦局をガンガン動かす存在であることは間違いない。マムの行動の一つ一つが事態を混迷させていくだろう。

【関連記事】